概要

研究と設備

教育と学生生活

受験生の方へ(学部/大学院)

For examinees

受験生の方へ

HOME

受験生の方へ

阪大薬学の招待状

阪大薬学の招待状

薬学研究科長・薬学部長
藤尾 慈

社会に還元し、
人々の幸せに貢献する

大阪大学は、適塾・懐徳堂以来、市民に支えられて発展してきた大学です。大阪大学薬学部も、その歴史は、1886年に大阪市民によって設立された大阪薬学校にまで遡ります。その後、1949年に大阪大学医学部薬学科としてスタートし、1955年に旧帝国大学における最初の薬学部として独立したという歴史を持っています。設立以来、多くの研究者、教育者をはじめ、産業界、医療機関、行政で活躍する多くの人材を輩出し、「地域に生き、世界に伸びる」を実践してまいりました。
2006年に6年制薬学教育が始まり、早くも20年近く経とうとしています。大阪大学薬学部は、4年制学科と6年制学科の2学科を併設してまいりましたが、2019年度入学生より6年制学科のみとし、独自の薬学研究教育(研究型6年制教育)をスタートさせました。このカリキュラムは、通常の薬学教育にとどまらず、高い研究力を身につけていただけるように計画されています。研究力を有する薬剤師は、臨床科学の発展に寄与するだけでなく、臨床から基礎科学に問題を提起し、新たな学術領域を創成する存在となり得ます。また、薬学研究者にとって、臨床を知ることは、Human Biologyを行う上で必須であり、自身の研究を正しく位置づけ、研究の方向性を決定する上で大きな助けになるでしょう。さらに、科学技術の急速な発展に伴って、研究と臨床との距離が急激に接近し、研究、臨床のあり方が大きく変わろうとしています。例えば、約20年前、ヒトゲノム計画では、ヒトのゲノム配列の決定に30億ドル近い費用と約10年の時間を要しましたが、今や個々の患者さんのゲノムデータが100ドル1日で得られるようになりつつあります。バイオサイエンス・医療が、大きな変革期を迎えています。薬学教育も進化する必要があると私たちは考えています。
大阪大学においては、免疫学を代表とする生命科学研究が世界トップレベルで展開されています。同時に、本学は、日本で最もイノベーティブな大学の一つとして数えられており、基礎科学の成果を社会に還元し、人々の幸せに貢献することをその任としています。
薬学は、クスリを創り、医療現場に届け、患者さんに適正な薬物治療を行うことを使命としており、クスリを通して、病に苦しむ人を癒す「いのちの科学」です。現在、大阪大学薬学研究科・薬学部においては、化学領域、生命領域、医療・衛生・環境領域における基盤研究、社会実装に向けた応用研究・創薬研究、さらに自然科学の成果と社会とを調和させるレギュラトリーサイエンス研究を行っております。組織構成として、研究科内においては教育・研究の本体を担う基幹分野の他、寄附講座、共同研究講座、センター等を設置しております。本研究科外に関しても、医学部附属病院、産業科学研究所、微生物学研究所、先導的学際研究機構などの大阪大学他部局から、また、国立循環器病研究センター、医薬基盤・健康・栄養研究所、大阪国際がんセンター、大阪健康安全基盤研究所、医薬品医療機器総合機構、国立医薬品食品衛生研究所などの大阪大学外から、それぞれ協力分野、連携分野として薬学研究科・薬学部の教育・研究活動にご参画いただいております。
学生・院生のみなさんがこれから大学で過ごされる時間は、20年後あるいは30年後に振り返ってみれば、ほんの一瞬に思えるかもしれません。しかし、その時、大阪大学での日々は、意義がある時間であったと、思い出していただけるような研究科・学部でありたいと思っています。