大阪大学大学院 薬学研究科
生物有機化学分野チャンネル
→2022   →2021   →バックナンバー
2022
■学会発表
開催日
演題名
学会・講演会
◯発表者情報
開催場所
11月2日〜11月4日
Synthesis of phosphoramidites for 3′-amino linker modification of base-labile oligonucleotides
The 49th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry
◯Takashi Osawa, Qin Ren, Satoshi Obika
東京理科大学

Synthesis and properties of 1′-C,3′-O-butylene-bridged D-altritol nucleic acid
The 49th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry
◯Kei Sugita, Chika Yamamoto, Yota Sakurai, Takao Yamaguchi, Satoshi Obika
東京理科大学
10月25日
架橋型人工核酸の開発とその核酸医薬研究への応用
Development of bridged nucleic acids for application to oligonucleotide therapeutics
CBI学会2022年大会(招待講演)
◯小比賀 聡
タワーホール船堀
10月12日
核酸医薬品の製造・精製・分析基盤技術の開発
BioJapan2022(招待講演)
◯小比賀 聡
パシフィコ横浜
10月8日
リン酸部の二面角δ,ε,ζ及びαを固定化した2′,3′-架橋型核酸の合成研究
第72回日本薬学会関西支部総会・大会
◯中西 亮太、大澤 昂志、小比賀 聡
摂南大学
10月2日〜10月5日
Poster Award
Enzymatic synthesis of oligonucleotide with 2'-MOE modification
18th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society (OTS)
◯Kenta Ishida、Yuuya Kasahara、Hidekazu Hoshino、Satoshi Obika
Hilton Phoenix Resort at the Peak, Phoenix, Arizona, USA

Synthesis and properties of oligonucleotides modified with amide-linked dinucleotides containing a 3’,4-bridged nucleic acid
18th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society (OTS)
◯Taiki Akino, Takashi Osawa, Satoshi Obika
Hilton Phoenix Resort at the Peak, Phoenix, Arizona, USA

Synthesis and properties of oligonucleotides including a 2’,4’-methylthioimidate bridged nucleic acid
18th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society (OTS)
◯Kosuke Miyata, Takashi Osawa, Satoshi Obika
Hilton Phoenix Resort at the Peak, Phoenix, Arizona, USA

Development of antagonist aptamers to interleukin-6 receptor
18th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society (OTS)
◯Yuuya Kasahara, Yoko Senga, Kenta Ishida, Takumi Okuda, Chioko Nagao, Mayumi Niiyama, Haruhiko Kamada, Kenji Mizuguchi, Satoshi Obika
Hilton Phoenix Resort at the Peak, Phoenix, Arizona, USA

Fatty acid and cell-penetrating motif conjugation for efficient intracellular delivery of antisense oligonucleotides
18th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society (OTS)
◯Yuya Tanaka, Yurika Tanioku, Kotomi Aso, Takao Yamaguchi, Satoshi Obika
Hilton Phoenix Resort at the Peak, Phoenix, Arizona, USA

Development and evaluation of a novel platform in oligonucleotide therapeutics based on divalent PEG linker conjugation
18th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society (OTS)
◯Tahia Taufiq, Taslima Rahman Chowdhury, Md Ariful Islam, Yuuya Kasahara, Taisuke Nakayama, Haruhiko Kamada, Takashi Osawa, Satoshi Obika
Hilton Phoenix Resort at the Peak, Phoenix, Arizona, USA

Development of splice-switching oligonucleotides (SSOs) that control the tumor suppressor REST
18th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society (OTS)
◯Keishiro Mishima, Masahito Shimojo, Satoshi Obika
Online
9月10日
レギュラトリーサイエンス研究・教育・人材育成の現状と展望 ~革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業(核酸医薬)の事例を中心に~
「核酸医薬の臨床有効性、安全性の評価方法」における取り組み
第12回レギュラトリーサイエンス学会学術大会
◯小比賀 聡
一橋大学一橋講堂
9月18日〜9月22日
Investigation of supercritical fluid chromatography (SFC) analytical conditions for oligonucleotides
33rd International Symposium on Chromatography
〇Momoka Hayashida, Shinnosuke Horie, Takao Yamaguchi, Satoshi Obika
Budapest Congress Center
8月29日
Recent Progress in the Development of Bridged Nucleic Acids –Design, Synthesis and Properties of GuNA and BANA
XXIV International Round Table on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids (IRT 3NA 2022) (Invited Lecture)
◯Satoshi Obika
Karolinska Institutet (Stockholm)
8月28日〜8月31日
Development of a synthetic method for the peptoid-conjugated oligonucleotide library based on the Ugi reaction
The XXIV International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids (IRT 2022)
〇Takashi Osawa, Ryosuke Kita, Satoshi Obika
Karolinska Institutet, Stockholm, Sweden

Synthesis and biophysical properties of multivalent PEG conjugated antisense oligonucleotide
The XXIV International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids (IRT 2022)
〇Taslima Rahman Chowdhury, Tahia Taufiq, Md Ariful Islam, Takashi Osawa, Satoshi Obika
Karolinska Institutet, Stockholm, Sweden
7月31日〜8月3日
川原賞
2′位や5′位を修飾した人工核酸の改変ポリメラーゼによる酵素伸長
日本核酸医薬学会第7回年会
◯石田健太、笠原勇矢、星野秀和、小比賀聡
東京医科歯科大ほか

5′-シクロプロピレン修飾核酸の合成と機能評価
日本核酸医薬学会第7回年会
◯山口卓男、羽渕貴紀、杉浦隆也、加藤 剛、吉田徳幸、井上貴雄、小比賀 聡
東京医科歯科大ほか

1′-C,3′-O-架橋型 D-アルトリトール核酸の合成と機能評価
日本核酸医薬学会第7回年会
◯山口卓男、櫻井耀太、山本知佳、杉田 慧、吉田徳幸、井上貴雄、小比賀 聡
東京医科歯科大ほか

新規人工核酸の導入によるアンチセンス核酸の毒性軽減
日本核酸医薬学会第7回年会
◯山口卓男
東京医科歯科大ほか

オリゴ核酸分析における超臨界流体クロマトグラフィーの可能性検討
日本核酸医薬学会第7回年会
〇林田桃香,鈴木里沙,堀江真之介,山口卓男, 小比賀聡
東京医科歯科大ほか

核酸医薬の毒性発現機構に関する知見
日本核酸医薬学会第7回年会
〇三上敦士
東京医科歯科大ほか

メジャーグルーブ修飾を志向した薗頭反応によるオリゴヌクレオチド伸長後塩基部修飾
日本核酸医薬学会第7回年会
〇三上敦士、森翔平、大澤 昂志、小比賀聡
東京医科歯科大ほか

塩基部修飾人工核酸を用いた抗IL-6Rアプタマーの開発
日本核酸医薬学会第7回年会
〇笠原 勇矢, 千賀 陽子, 石田 健太, 奥田 匠, 長尾 知生子, 新山 真由美, 鎌田 春彦, 水口 賢司, 小比賀 聡
東京医科歯科大ほか
6月8日〜6月10日
オリゴ核酸分析における超臨界流体クロマトグラフィーの利用:添加剤濃度の検討
第29回クロマトグラフィーシンポジウム
〇林田桃香、鈴木里沙、堀江真之介、山口卓男、小比賀聡
石垣市民会館
3月25日〜3月28日
学生優秀発表賞(口頭発表の部)
腫瘍抑制因子RESTをコントロールするスプライシング制御オリゴヌクレオチドの開発
日本薬学会第142年会
〇三島 啓士朗、下條 正仁、小比賀 聡
オンライン開催

膵臓がん治療を目的とするアンチセンス核酸医薬の合成および評価
日本薬学会第142年会
◯設樂華、児玉和己、國丸颯生、佐々木千愛、芹澤杏萌、三島啓士朗、三上敦士、大澤昂志、下條正仁、山口卓男、小比賀聡
オンライン開催

5'位にシクロペンタン環を有する新規修飾核酸の合成とその物性評価
日本薬学会第142年会
〇阪上 詩織、小峯 飛々暉、山口 卓男、吉田 徳幸、井上 貴雄、小比賀 聡
オンライン開催

Ugi反応を基盤としたDNAコード化ライブラリー合成法の開発
日本薬学会第142年会
〇喜多 良介、大澤 昂志、小比賀 聡
オンライン開催

5位にアミノメチル基を有するピリミジン塩基の合成と特性解析
日本薬学会第142年会
〇松村 朋紀、山口 卓男、小比賀 聡
オンライン開催

アプタマー創薬を志向した2'-MOEオリゴ核酸の酵素合成
日本薬学会第142年会
◯石田健太、笠原勇矢、星野秀和、米田悦啓、小比賀聡
オンライン開催

二重鎖形成を利用した標的タンパク質のラベル化と精製法の開発
日本薬学会第142年会
◯吉田匠、山口卓男、小比賀聡
オンライン開催

ホタルルシフェラーゼに対するギャップマー型アンチセンス核酸の開発
日本薬学会第142年会
◯笠原勇矢、山隈晴美、亀岡なつ実、小比賀聡
オンライン開催
3月11日〜3月13日
Inhibition of MicroRNA-33b Ameliorates Abdominal Aortic Aneurysm Formation via Suppression of Inflammatory Pathways
第86回日本循環器学会学術集会
◯Koh Ono, Tomohiro Yamasaki,Takahiro Horie, Osamu Baba, Satoshi Obika, Yuuya Kasahara, Jun Kotera, Kozo Oka, Ryo Fujita, Takashi Sasaki, Akihiro Takemiya, Koji Hasegawa, Takeshi Kimura
神戸国際会議場ほか
2021
■学会発表
12月16日〜12月21日
Synthesis and biophysical properties of 1',3'-bridged D-altritol nucleic acids (BANAs)
Pacifichem 2021
◯Takao Yamaguchi, Yota Sakurai, Chika Yamamoto, Tokuyuki Yoshida, Takao Inoue, Satoshi Obika
オンライン(オンサイトハイブリッド)

Facile synthesis of oligonucleotides modified with N-tert-butylguanidine-bridged nucleic acid
Pacifichem 2021
◯Ryusuke Hatanaka, Naohiro Horie, Takao Yamaguchi, Masaki Yamagami, Tadashi Umemoto, Satoshi Obika
オンライン(オンサイトハイブリッド)

Synthesis of 4',5'-bridged nucleic acid having distorted torsion angle γ
Pacifichem 2021
◯Chika Yamamoto, Masahiko Horiba, Hiroshi Aoyama, Takao Yamaguchi, Satoshi Obika
オンライン(オンサイトハイブリッド)
12月1日〜12月3日
RNA分解型アンチセンスによる肝毒性の低減手法に関する研究
第44回日本分子生物学会年会
◯吉田徳幸, 森廣邦彦, 内藤雄樹, 三上敦士, 笠原勇矢, 小比賀聡, 井上貴雄
パシフィコ横浜
11月10日〜11月12日
Synthesis of an amide-linked dinucleotide containing a 3', 4'-bridged nucleic acid and duplex-forming ability of the modified oligonucleotides
The 48th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry
◯Taiki Akino, Takashi Osawa, Satoshi Obika
オンライン開催

Synthesis and evaluation of antisense oligonucleotides multiply conjugated with hexose-type sugar monomers
The 48th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry
◯Yurika Tanioku, Yuya Tanaka, Yuuya Kasahara, Taisuke Nakayama, Haruhiko Kamada, Takao Yamaguchi, Satoshi Obika
オンライン開催

Effect of multivalent fatty acid conjugation on the activity and membrane permeability of antisense oligonucleotides.
The 48th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry
◯Yuya Tanaka, Yurika Tanioku, Kotomi Aso, Taisuke Nakayama, Haruhiko Kamada, Takao Yamaguchi, Satoshi Obika
オンライン開催

Synthesis and in vivo evaluation of 9-aminoethoxy-1,3-diaza-2-oxophenoxazine conjugated antisense oligonucleotides
The 48th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry
◯Ryohei Yamaji, Yuki Kishimoto, Akane Fujii, Tomoki Matsumura, Osamu Nakagawa, Taisuke Nakayama, Haruhiko Kamada, Satoshi Obika
オンライン開催
10月31日〜11月4日
Quantitative Separation Analysis of Therapeutic Oligonucleotide Isomer Impurities by Cyclic Ion Mobility (cIM) Technique
69th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics
◯Shogo Omuro; Takao Yamaguchi; Taiji Kawase; Kenji Hirose; Satoshi Obika
オンライン/オンデマンド開催
10月23日〜10月24日
microRNA-33bの特異的抑制による腹部大動脈瘤形成抑制効果の検討
第53回日本動脈硬化学会 総会・学術集会
◯山崎智弘、堀江貴裕、小山智、中尾哲史、馬場理、井出裕也、木村昌弘、曽和尚也、小比賀聡、笠原勇矢、小寺淳、岡幸蔵,藤田領,佐々木隆史,竹宮明広、長谷川浩二、木村剛、尾野亘
国立京都国際会館
10月9日
細胞内還元条件で糖部配座が固定化されるアミド架橋型核酸の開発
第71回日本薬学会関西支部総会・大会
◯宮田康介、大澤昂志、小比賀聡
オンライン開催

1-オキサスピロ[4.5]デカン構造を有するチミジンアナログの合成と物性評価
第71回日本薬学会関西支部総会・大会
◯矢野夏実、大澤昂志、小比賀聡
オンライン開催

中枢神経系送達を志向したフェニルアラニンコンジュゲートオリゴ核酸の創成
第71回日本薬学会関西支部総会・大会
◯山路凌平、小比賀聡
オンライン開催

1’位と3’位間をブチレン架橋したアルトリトール核酸の合成と機能評価
第71回日本薬学会関西支部総会・大会
〇杉田慧、山本知佳、山口卓男、小比賀聡
オンライン開催
9月30日〜10月2日
A549肺がん担癌マウスにおけるγ-グルタミルシクロトランスフェラーゼ標的アンチセンス核酸の抗腫瘍効果
第80回日本癌学会学術総会
◯飯居宏美、高木寛子、小比賀聡、中田晋
パシフィコ横浜
9月26日〜9月29日
Synthesis and Evaluation of 1′,3′-Bridged Altritol Nucleic Acids (BANAs)
17th Oligonucleotide Therapeutics Society
◯Chika Yamamoto, Yota Sakurai, Takao Yamaguchi, Tokuyuki Yoshida, Takao Inoue, Satoshi Obika
オンライン開催

Robust synthetic approach of oligonucleotides modified with N-(tert-butyl) guanidine-bridged nucleic acid
17th Oligonucleotide Therapeutics Society
◯Ryusuke Hatanaka, Naohiro Horie, Takao Yamaguchi, Masaki Yamagami, Tadashi Umemoto, Satoshi Obika
オンライン開催
6月24日〜6月25日
核酸医薬の創製:人工核酸が切り拓く有効性と安全性の両立
創薬懇話会2021 in 京都
◯山口卓男
オンライン開催

5'-シクロプロピレン修飾型アンチセンス核酸の合成と活性評価
創薬懇話会2021 in 京都
◯杉浦隆也、羽渕貴紀、山口卓男、吉田徳幸、井上貴雄、小比賀聡
オンライン開催
6月27日〜6月29日
川原賞
アンチセンス核酸のオフターゲット効果に対する塩基長の影響
核酸医薬学会第6回
○安原秀典、吉田徳幸、佐々木清美、小比賀聡、井上貴雄
オンライン開催

2’位に疎水性置換基を配置した新規架橋型人工核酸の二重鎖形成能
核酸医薬学会第6回
◯畑中隆佑、堀江直宏、山口卓男、小比賀聡
オンライン開催

Development of xeno nucleic acid aptamers targeting the SARS-CoV-2 spike protein for COVID-19 therapeutics
核酸医薬学会第6回
◯石田健太、笠原勇矢、星野秀和、小比賀聡
オンライン開催

胃がん腹膜播種治療に向けたSYT13標的アンチセンス核酸の毒性評価およびオフターゲット解析
核酸医薬学会第6回
◯笠原勇矢、神田光郎、山隈晴美、亀岡なつ実、小比賀聡
オンライン開催
3月26日〜3月29日
複数導入可能な脂質アミダイトの合成とそのアンチセンス核酸への応用
日本薬学会第141回年会
◯田中佑弥、谷奥有里花、阿曽古都美、中山泰亮、鎌田春彦、山口卓男、小比賀聡
オンライン開催

1′,3′-プロピレンオキシ架橋型ピラノースを母核とする新規人工核酸の創製
日本薬学会第141回年会
◯山本知佳、櫻井耀太、山口卓男、小比賀聡
オンライン開催

細胞内移行性とbeta-cateninへの結合能を有する人工核酸アプタマーの創製
日本薬学会第141回年会
◯田中敬介、奥田匠、笠原勇矢、小比賀聡
オンライン開催

学生優秀発表賞(口頭発表の部)
スピロシクロペンチレン架橋を有する人工核酸の合成及び物性評価
日本薬学会第141回年会
◯杉浦隆也、小峯飛々暉、山口卓男、小比賀聡
オンライン開催

生体内高活性アプタマー取得に向けたデュアル修飾型人工核酸の開発
日本薬学会第141回年会
◯石田健太、笠原勇矢、星野秀和、小比賀聡
オンライン開催

胃がん腹膜播種治療に向けたギャップマー型アンチセンス核酸医薬の開発
日本薬学会第141回年会
◯笠原勇矢、山隈晴美、神田光郎、小比賀聡
オンライン開催

肺線維芽細胞を標的とした細胞膜透過性を有するインドール修飾型核酸アプタマーの探索
日本薬学会第141回年会
◯上町昊、田中敬介、奥田匠、笠原勇矢、米田悦啓、小比賀聡
オンライン開催

二重鎖副溝との相互作用を志向した疎水性置換基を有する新規架橋型人工核酸の開発
日本薬学会第141回年会
◯畑中隆佑、堀江直宏、山口卓男、小比賀聡
オンライン開催

二重鎖副溝との相互作用を志向した疎水性置換基を有する新規架橋型人工核酸の開発
日本薬学会第141回年会
◯畑中隆佑、堀江直宏、山口卓男、小比賀聡
オンライン開催
3月19日〜3月22日
Syntehsis and polymerase incorporation of 2'-modified nucleic acid derivatives
日本化学会 第101春季年会
◯Kenta Ishida, Yuuya Kasahara, Hidekazu Hoshino, Satoshi Obika
オンライン開催

SARS-CoV-2スパイクタンパク質に対する人工核酸アプタマーの開発
日本化学会 第101春季年会
◯笠原 勇矢、千賀 陽子、田中 敬介、石田 健太、今井 由美子、小比賀 聡
オンライン開催
3月8日〜3月10日
TRPCチャネル選択的化合物の線維化疾患治療候補薬としての開発と核酸医薬への展開
第94回日本薬理学会年会
◯尼谷明日路、笠原勇矢、下條正仁、西田基宏、永田龍、小比賀聡、森泰生
札幌コンベンションセンター
大阪大学大学院 薬学研究科 生物有機化学分野
〒565‐0871 大阪府吹田市山田丘1-6
TEL: 06-6879-8200    FAX: 06-6879-8204
obika@phs.osaka-u.ac.jp