創薬研究支援

HOME > 創薬研究支援

創薬研究を強力に支援します。

大阪大学は、我が国の優れたライフサイエンス研究の成果を医薬品等の実用化につなげることを目的としたAMEDの「創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業」の採択を受けています。創薬では、シーズの発見から臨床試験や製薬企業等への導出までに、化合物スクリーニング、ヒット化合物からリード化合物への合成展開、動物での薬物動態・安全性試験や薬効確認など多くのステップがあり、それぞれに多くの時間や経験とともに専用の設備も必要となります。薬学研究科では、化合物ライブラリー・スクリーニングセンター、創薬センター構造展開ユニットや創薬センター薬物動態・安全性試験ユニットにおいて本事業専任の創薬研究者により先生方の研究を強力に支援する体制を「創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS)」と連携して整えております。新しい薬のアイデアをお持ちで低分子創薬の研究を加速させたいとお考えの先生方は、以下の創薬支援を是非ご利用ください。またこの創薬支援は、大阪大学以外の先生方でもご利用になれますので、まずは支援に関して何でもご相談いただけばと存じます。何卒よろしくお願いいたします。