化合物ライブラリー・スクリーニングセンター

HOME > 化合物ライブラリー・スクリーニングセンター

大阪大学は、これまで最先端研究基盤事業や創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業(PDIS事業)において化合物ライブラリーやスクリーニング機器を整備し、創薬研究を推進してきました。これらの基盤を再整備してアカデミア創薬におけるさらなる画期的な支援体制を構築し、戦略的イノベーションの創出を目指すために薬学研究科附属化合物ライブラリー・スクリーニングセンターを設置しました。

当センターは創薬標的分子に関する情報提供やアッセイ系構築、ハイスループットスクリーニング(HTS)系構築や実施の支援を行っております。また化合物ライブラリーを保有しており、HTSのために無償で提供いたします(プレート等の実費はご負担ください)。
また、創薬研究機器を多数設置しておりこちらも無償でご利用いただけます(試薬・消耗品は各自でご用意ください)。