研究拠点

創薬センター薬物動態・安全性試験ユニット

HOME > 拠点概要 > 創薬センター薬物動態・安全性試験ユニット

創製される医薬品候補化合物の有用性を評価する上で、実験動物を用いた吸収(Absorption)、分布(Distribution)、代謝(Metabolism)、排泄(Excretion)などの薬物動態(Pharmacokinetics: PK)試験と安全性試験(non-GLPレベル)は、人を対象とした臨床試験へと展開する上で必須項目となっています。本ユニットでは有望な化合物シーズを見極めるためにこれらの試験を支援します。