創薬研究機器

導入機器

HOME > 創薬研究機器 > 導入機器

その他

XT-2000iV

用途:

多項目自動血球分析装置

台数:1台
設置場所:薬学研究科1号館112号室

詳細情報

多項目自動血球分析装置
【コンパクトでありながら核酸染色蛍光フローサイトメトリー法による高精度な分析アルゴリズムを搭載】
本医療機器は、電気抵抗検出法(シースフローDC検出法)、SLSヘモグロビン法、半導体レーザーを用いたフローサイトメトリ法により分析を行っています。

特長
XT-2000iは、シスメックスのハイグレード装置XE-5000と同じ蛍光フローサイトメトリー法の採用により、白血球を高精度に分析
フローサイトメトリー法で得られた側方蛍光(主に核酸量)・側方散乱光(細胞の内部情報)により、DIFFスキャッタグラム上にそれぞれの細胞をプロットし、白血球を分画
各細胞集団は、スキャッタグラムの分布状況から独自のアルゴリズムにより、検体ごとに最適にゲーティング
血小板数は、電気抵抗式と、光学式(RETチャンネル)を比較し、最適な結果を自動的に選択