化合物ライブラリー

化合物ライブラリー

HOME > 化合物ライブラリー > 化合物ライブラリー

化合物ライブラリーの提供支援を行っています。
化合物は無償です。(プレート等の実費だけ負担していただきます。)
このライブラリーは様々なライブラリーを統合したもので、依頼に基づき個々のライブラリーごとの提供が可能です。
大阪大学の特徴的な化合物ライブラリーを提供しています。

保有している化合物ライブラリー

製薬企業オリジナル
化合物ライブラリー

(約65,000個:2019年5月現在)

アカデミア研究者の創薬シーズをターゲットとした研究や、開発候補化合物の事業化を進めることを理念とした産学連携プロジェクトにより、複数の製薬企業から無償で提供を受けた製薬企業オリジナル化合物のライブラリーです。
本ライブラリーを用いてスクリーニングを行うことにより、企業との共同研究や導出に結び付きやすい生理活性化合物の取得が可能となります。

大阪大学オリジナル
化合物ライブラリー

(1080個以上:2019年5月現在)

大阪大学の研究者から供与された化合物のライブラリーです。

1.天然物ライブラリー:80種以上
大阪大学天然物研究者が収集した多彩な化合物を含む底生海洋生物・海洋微生物のエキス

2.阪大オリジナル化合物ライブラリー:1000個以上
大阪大学研究者が独自に合成した化合物

市販化合物ライブラリー

(57843個)

1.Drug-like Set:20,160個
Lipinsky and Veber Ruleに順応したDrug-Likeな化合物からDiversity性を考慮して作成されたセット

2.Pharmacological Diversity Set:10,240個
ケミカルスペースの中より薬理活性が見込まれる範囲から構成されたPharmacologyとChemistry両面の多様性を備えるセット

3.Representative Diversity Set:20,000個
構造多様性を考慮して選択された、日本限定販売セット

4.Enamine PDR subset 2000: 2000個
Drug-like、Representative Diversity、Pharmacological Diversity の各Setの代表的化合物を2:2:1の割合で構成するサブセット

5.Enamine Extra Collection2012 :539個
Enamine社からの追加購入した化合物

6.The Spectrum Collection(既知薬、天然物等):2,320個
US-Drug Collection(1,200):米国で臨床試験に到達した化合物
International Drug Collection(320):International Pharmacopia収載既薬
Natural Products Collection(800):純天然物と天然物誘導体

7.Pfizer Drug(Pfizer社 で開発された化合物):90個
Pfizer社で開発された化合物群(Spectrum Collection2012との重複があります)

8.Tocriscreen Stem Cell Toolbox(幹細胞関連化合物):80個
幹細胞(分化/増殖・自己再生/リプログラミング)関連化合物

9.LoPac 1280(阻害薬、リガンド、承認薬等):1280個
阻害薬、リガンド、承認薬等(Spectrum Collection2012との重複があります)

10.FDA-approved Drug Library:1,134個
FDA承認済み化合物や薬理活性が判明した化合物、USAで臨床試験まで到達した化合物