大阪大学大学院 薬学研究科
生物有機化学分野チャンネル
→2017   →2016   →バックナンバー
2017
■学会発表
11月14日〜16日
Formation of various metal-mediated base pairs by a 9-azaphenoxazine nucleobase
The 44th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry, The 1st Annual Meeting of Japan Society of Nucleic Acids Chemistry
◯Akane Fujii, Yuki Kishimoto, Osamu Nakagawa, Satoshi Obika
Tokyo University of Science, Katsushika Campus, Tokyo
11月6日〜7日
"糖部及び二面角εを固定化した新規架橋型人工核酸の合成と物性評価"
第43回 反応と合成の進歩シンポジウム
◯堀場 昌彦、小比賀 聡
富山国際会議場(富山)
10月26日〜28日
N-メチル修飾を施したグアニジン架橋型人工核酸の簡便な合成とその特性評価
第35回 メディシナルケミストリーシンポジウム
◯堀江 直宏、小比賀 聡
名古屋大学東山キャンパス(愛知)
10月14日
9-アザフェノキサジン人工塩基核酸の金属錯体形成能
第67回 薬学会近畿支部・総会
◯藤井 茜、岸本 悠希、中辻 悠輔、中川 治、小比賀 聡
兵庫医療大学(兵庫)

エステラーゼ活性評価のための蛍光turn-ON型プローブ分子の創製
第67回 薬学会近畿支部・総会
◯岡田 佳那、山口 卓男、どど 孝介、袖岡 幹子、小比賀 聡
兵庫医療大学(兵庫)

ポスター賞
N4位に2-(2-アミノエトキシ)フェニル基を有するシチジン誘導体の合成と機能評価
第67回 薬学会近畿支部・総会
◯中辻 悠輔、岸本 悠希、藤井 茜、中川 治、小比賀 聡
兵庫医療大学(兵庫)
9月24日〜27日
Synthesis and Evaluation of a Tricyclic Nucleic Acid Analogue Bearing the Locked Sugar Moiety and Torsion Angle ε
13th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society
◯Masahiko Horiba, Satoshi Obika
Palais de la Bourse, Bordeaux, France

Travel Grant
A Novel Human Muscle Cell Model of Duchenne Muscular Dystrophy Created by CRISPR/Cas9
13th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society
◯Takenori Shimo, Kana Hosoki, Yusuke Nakatsuji, Toshifumi Yokota, Satoshi Obika
Palais de la Bourse, Bordeaux, France

The selection system of the sugar modified nucleic acid aptamer by KOD polymerase mutants
13th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society
◯Hidekazu Hoshino, Yuuya Kasahara, Masayasu Kuwahara, Satoshi Obika
Palais de la Bourse, Bordeaux, France

Generation and PPI inhibition analysis of artificial nucleic acid aptamers targeting Ebola virus protein
13th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society
◯Keisuke Tanaka, Yuuya Kasahara, Yoichi Miyamoto, Tatsuro Kasai, Kentaro Onodera, Masayasu Kuwahara, Masahiro Oka, Satoshi Obika
Palais de la Bourse, Bordeaux, France
9月24日〜27日
Development of the KOD polymerase mutants for SELEX using sugar-modified nucleic acid libraries
Aptamers in Bordeaux 2017
◯Hidekazu Hoshino, Yuuya Kasahara, Masayasu Kuwahara, Satoshi Obika
Palais de la Bourse, Bordeaux, France

Generation of modified aptamers that internalize into lung cancer cells
Aptamers in Bordeaux 2017
◯Keisuke Tanaka, Yuuya Kasahara, Satoshi Obika
Palais de la Bourse, Bordeaux, France

Effect of base- and sugar-modification on binding affinity of chimeric modified nucleic acid aptamer
Aptamers in Bordeaux 2017
◯Yuuya Kasahara, Masayasu Kuwahara, Satoshi Obika
Palais de la Bourse, Bordeaux, France
9月3日〜6日
2',4'-Bridged Nucleic Acid with 9-(aminoethoxy)phenoxazine: Synthesis and Duplex-Forming Ability
7th Cambridge symposium on Nucleic Acids Chemistry and Biology
◯Yuki Kishimoto, Akane Fujii, Osamu Nakagawa, Satoshi Obika
Queen's College, Cambridge University, UK

Synthesis and Properties of Oligonucleotides Containing 9-Azaphenoxazine
7th Cambridge symposium on Nucleic Acids Chemistry and Biology
◯Akane Fujii, Yuki Kishimoto, Osamu Nakagawa, Satoshi Obika
Queen's College, Cambridge University, UK

Synthesis of 2’-O,4’-C-spirocyclopropylene bridged nucleic acids (scpBNA)
7th Cambridge symposium on Nucleic Acids Chemistry and Biology
Masahiko Horiba, ◯Takao Yamaguchi, Satoshi Obika
Queen's College, Cambridge University, UK

Evaluation of Base Discrimination Ability of scpBNA Bearing 2-Thiothymine or 2-Selenothymine
7th Cambridge symposium on Nucleic Acids Chemistry and Biology
◯Takaki Habuchi, Kosuke Ito, Satoshi Obika
Queen's College, Cambridge University, UK
7月12日〜14日
9-(アミノエトキシ)フェノキサジン塩基を有する糖部架橋型人工核酸の二重鎖形成能評価
日本核酸医薬学会 第3回年会
◯岸本 悠希、藤井 茜、中川 治、永田 哲也、横田 隆徳、小比賀 聡
札幌コンベンションセンター(北海道)

9-アザフェノキサジン人工塩基核酸の合成と三重鎖形成能評価
日本核酸医薬学会 第3回年会
◯藤井 茜、岸本 悠希、中川 治、小比賀 聡
札幌コンベンションセンター(北海道)

2-チオチミンや2-セレノチミンを核酸塩基として有するscpBNAの合成と物性評価
日本核酸医薬学会 第3回年会
◯羽渕 貴紀、伊藤 浩介、小比賀 聡
札幌コンベンションセンター(北海道)

ハイコンテントスクリーニングによるエキソンスキッピング活性評価に利用可能な細胞株の樹立
日本核酸医薬学会 第3回年会
◯下 剛典、橘 敬祐、小比賀 聡
札幌コンベンションセンター(北海道)

PPI inhibition of Ebola virus protein with artificial nucleic acid aptamers
日本核酸医薬学会 第3回年会
〇田中 敬介, 笠原 勇矢, 宮本 洋一, 笠井 達郎, 小野寺 健太郎, 𥸮原 正靖, 岡 正啓, 小比賀 聡
札幌コンベンションセンター(北海道)

GalNAc修飾型抗ヒトPCSK9アンチセンス薬の臨床化へ向けたげっ歯類及び非ヒト霊長類を用いた安全性・薬効評価
日本核酸医薬学会 第3回年会
◯和田 郁人、山本 剛史、小林 直之、橘 敬祐、小比賀 聡、斯波 真理子
札幌コンベンションセンター(北海道)

ギャップマー型アンチセンス核酸の設計:塩基組成と配列パターンの影響
日本核酸医薬学会 第3回年会
◯笠原 勇矢、山隈 晴美、牧村 二葉、小比賀 聡
札幌コンベンションセンター(北海道)
5月24日〜25日
Synthesis and evaluation of 2',4'-bridged nucleic acid with 9-(aminoethoxy)phenoxazine
The 10th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium On Pharmaceutical Sciences For Young Scientists
◯Yuki Kishimoto, Akane Fujii, Osamu Nakagawa, Satoshi Obika
Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University, Japan

The effective synthesis of the oligonucleotides modified with N-methyl guanidine bridged nucleic acid
The 10th Seoul-Kyoto-Osaka Joint Symposium On Pharmaceutical Sciences For Young Scientists
◯Naohiro Horie, Satoshi Obika
Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University, Japan
3月25日〜27日
核酸塩基に7-デアザグアニンを有するグアニジン架橋型人工核酸の合成と特性評価
日本薬学会 第137年会
◯金川 峻幸、小比賀 聡
東北大学川内北キャンパス(宮城)

塩基部に9-(アミノエトキシ)フェノキサジンを有する糖部架橋型人工核酸BNAP-AEOの合成と評価
日本薬学会 第137年会
◯岸本 悠希、中川 治、小比賀 聡
東北大学川内北キャンパス(宮城)

scpBNA-2-チオチミンの合成と特性評価
日本薬学会 第137年会
◯羽渕 貴紀、伊藤 浩介、小比賀 聡
東北大学川内北キャンパス(宮城)

塩基固定型人工核酸 BlNA の開発: 二重鎖形成能に及ぼす二面角χの効果
日本薬学会 第137年会
◯原 孝志、兒玉 哲也、小比賀 聡
東北大学川内北キャンパス(宮城)

メチル修飾グアニジノ架橋を有する人工核酸を導入したオリゴヌクレオチドの簡便な合成法開発とその評価
日本薬学会 第137年会
◯堀江 直宏、小比賀 聡
東北大学川内北キャンパス(宮城)

2'-MOE-チミジン三リン酸の合成と改変ポリメラーゼによる伸長
日本薬学会 第137年会
◯石田 健太、奥田 匠、星野 秀和、笠原 勇矢、小比賀 聡
仙台国際センター(宮城)
3月16日〜19日
2’,4’-BNA/LNA-7-デアザプリン類縁体の 合成と特性評価: 二重鎖形成能に及ぼす二面角χの効果
日本化学会 第97春季年会(2017)
◯原 孝志、兒玉 哲也、竹垣 裕美、森廣 邦彦、伊藤 浩介、小比賀 聡
慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川)

プリン塩基を有するスピロシクロプロピレン架橋型人工核酸scpBNAの合成と物性評価
日本化学会 第97春季年会(2017)
◯堀場 昌彦、山口 卓男、小比賀 聡
慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川)

固定化酵素を用いた人工核酸の合成
日本化学会 第97春季年会(2017)
◯萩原 健、長野 澪美、藤田 博仁、星野 秀和、笠原 勇矢、小比賀 聡、桒原 正靖
慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川)
1月15日
核酸医薬の実現に向けた人工核酸創成とスクリーニング技術
大阪大学未来戦略機構 第六部門(創薬基盤科学研究部門)シンポジウム
小比賀 聡、◯笠原 勇矢
大阪大学 吹田キャンパス(大阪)
2016
■学会発表
11月30日〜12月2日
CRISPR/Cas9システムを用いたDuchenne型筋ジストロフィーモデル細胞の構築
第39回日本分子生物学会年会
◯下 剛典、細木 華奈、小比賀 聡、横田 俊文 パシフィコ横浜(神奈川)
11月15日〜17日
塩基部に嵩高い修飾を有する人工核酸を伸長可能な改変ポリメラーゼの開発
日本核酸医薬学会 第2回年会
◯星野 秀和、笠原 勇矢、藤田 博仁、桒原 正靖、小比賀 聡
東京理科大学葛飾キャンパス図書館大ホール(東京)

DMDモデル細胞の構築とSSOの活性評価
日本核酸医薬学会 第2回年会
◯下 剛典、細木 華奈、橘 敬祐、小比賀 聡、横田 俊文
東京理科大学葛飾キャンパス図書館大ホール(東京)
9月27日〜29日
Synthesis and properties of methyl modified guanidine bridged nucleic acid
The 43rd International Symposium on Nucleic Acids Chemistry
◯Naohiro Horie, Satoshi Obika
100th Anniversary Hall, Kumamoto University, Kumamoto
9月25日〜28日
Synthesis of 2'-O,4'-C-Spirocyclopropylene Bridged Nucleic Acids (scpBNA) Bearing Purine Bases
The 12th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society
◯Masahiko Horiba, Takao Yamaguchi, Satoshi Obika
Centre Mont-Royal 2200 Mansfield Street, Montreal, Quebec, Canada
9月7日〜9日
エボラウイルスタンパク質に対する人工核酸アプタマーの創製
第10回バイオ関連化学シンポジウム
◯田中 敬介、笠原 勇矢、宮本 洋一、笠井 達郎、小野寺 健太郎、𥸮原 正靖、岡 正啓、小比賀 聡
石川県立音楽堂(石川)

改変ポリメラーゼによる2’,4’-BNA/LNA-5mCTPの取り込み能評価
第10回バイオ関連化学シンポジウム
〇笠原 勇矢、星野 秀和、田中 敬介、笠井 達郎、小野寺 健太郎、桒原 正靖、小比賀 聡
もてなしドーム地下イベント広場(石川)
7月18日〜22日
Development of 2',4'-Bridged Nucleic Acid with a Phenoxazine base
22th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids
〇Yuki Kishimoto, Osamu Nakagawa, Satoshi Obika
Institut Pasteur, Paris, France

Development of Ebola virus protein binding aptamers by CE-SELEX
22th International Roundtable on Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids
〇Yuuya Kasahara, Keisuke Tanaka, Yoichi Miyamoto, Masahiro Oka, Masayasu Kuwahara, Satoshi Obika
Institut Pasteur, Paris, France
3月26日〜29日
フェノキサジン塩基を有する糖部架橋型人工核酸の合成と評価
日本薬学会 第136年会
〇岸本 悠希、中川 治、小比賀 聡
パシフィコ横浜(神奈川)
大阪大学大学院 薬学研究科 生物有機化学分野
〒565‐0871 大阪府吹田市山田丘1-6
TEL: 06-6879-8200    FAX: 06-6879-8204
obika@phs.osaka-u.ac.jp