大阪大学大学院 薬学研究科
生物有機化学分野チャンネル
当研究室では、有機合成化学の基盤に立脚し、未だ神秘のベールに包まれた生命現象の謎を一つ一つ解きほぐすとともに、そこから得られた知見を最大限に活かし、新たな創薬手法を開発すべく研究に取り組んでいます。研究領域は多岐にわたり、分子設計から有機合成、そして細胞や動物を用いた実験までを独自にあるいは国内外の研究グループと共同で実施しています。最近は特に、新たな創薬手法の一つである「核酸医薬」に関する研究を中心テーマとして研究活動を進めています。

研究を進めるにあたり我々が常に意識していること、若い研究者の皆さんに意識して欲しいことが2つあります。1つは、我々の研究は常に世界とつながっているということです。自分たちの今の研究が世界のサイエンスの発展のために、どのように貢献できるのかを常に考えながら研究に取り組むことが大切です。そのためには、若い研究者の皆さんもグローバルな視野を持ち、時には海外のトップリサーチャーとの交流の機会を積極的に持つことが必要です。

もう1つの大事な点は、我々の研究は、現在病気で苦しんでいる患者さんにも直結しているということです。残念ながら、現在の医学ではまだまだ根治が困難な疾病は数多く残されています。従来の創薬研究では成し得なかったこれら難治性疾患の治療法を開発していくことは、我々に課せられた大きな使命です。研究成果が世に出ることを待ち望んでいる患者さんが数多くいることを忘れることなく、日々の研究に取り組んでいきたいと考えています。

こうした理念に共感できる意欲的な方々の参画を、我々は多いに歓迎します。是非とも当研究室の扉をたたいてください。
大阪大学大学院 薬学研究科 生物有機化学分野
〒565‐0871 大阪府吹田市山田丘1-6
TEL: 06-6879-8200    FAX: 06-6879-8204
obika@phs.osaka-u.ac.jp