本文へスキップ

臨床の息吹を薬学に  

電話でのお問い合わせはTEL.06-6879-8253

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 

information

臨床薬効解析学分野

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘1-6 
大阪大学大学院薬学研究科 
2号棟4階
TEL.06-6879-8253
FAX.06-6879-8253







     





平成21年10月より、大阪大学大学院薬学研究科臨床薬効解析学分野を
担当させていただいております、藤尾 慈(ふじお やすし)と申します。
当分野は、平成7年に大阪大学薬学部に誕生し、以来「臨床の息吹を薬学に」
を基本理念に運営されております。
臨床とは、一般的には、病気の診断、治療(あるいは緩和)に関する行為と
理解されるでしょう。
確かにこれらの技術に習熟することは極めて重要です。未熟な 技術・不正確な
知識は患者さんに、ご家族に、とりかえしがつかないような悲しみをもたらします。
が、大学における臨床の使命は、学生に技術・知識を身に付 けさせることだけでは
   なくて、現在の医療の限界を知りその改善に寄与すること、疾病の発症メカニズムを解明し新たな医療を
   確立することにあると考えます。
   現在、臨床薬効解析学分野では、循環器疾患を中心に、患者さんのデータを臨床的に解釈するのみならず
   基礎科学を通してさらに理解を深めること、逆に疾患モデルから得られた知見を臨床における診断・治療に
   役立てること、という二つの観点から研究を進めています。
   緒方洪庵の和歌に「あめつちの神の教えのほかにわがくすしのみちののりあらめやは」という歌があります。
   200年の時を越えて、洪庵の志に思いを馳せ、日々の研究、教育、人材育成に精進して参りたいと存じます。

  

  1. 循環器疾患を対象とした分子生物学
   1)心臓病におけるサイトカイン医生物学
   2)心不全とカルシウムシグナルに関する研究
   3)腎/循環器疾患に対する新規治療法開発

  
2.循環器疾患を対象とした臨床科学
   1)IL-11を用いた新規心血管病治療のための臨床試験
   2)臨床サンプルを用いたバイオマーカー/治療標的探索




研究科・学部紹介ムービー 藤尾先生のインタビューが載っています
「病気のメカニズムの解明と新たな治療薬の開発」
http://www.phs.osaka-u.ac.jp/school/movie.html



■実施臨床試験について■
有益な禁煙指導法確立のためゲノム薬理学的研究
http://www.phs.osaka-u.ac.jp/outline/publicity.html