3年次からの研究室配属で、好きな研究室が選べますか?
配属研究室は、基本的に学生の希望により選択できますが、研究室の定員を超える希望があった場合は1〜2年次までの成績が優れている学生から順に選ぶ場合もあります。研究室の定員は限られておりますので、成績によっては、第2希望、第3希望の研究室に配属される場合があります。
薬科学科(4年制)から大学院修士課程に進学するにはどうすればよいですか?
大学院入試案内をご覧ください。
薬学科(6年制)の5年、6年次にはどのようなことをするのですか?
5年次からは実際の臨床現場での実務実習(薬局実習、病院実習;合計5ヶ月)を経て6年次の最後に長期課題研究(3〜6年次)の成果を卒業論文として纏め、発表します。また、薬学科の学生は、6年次の最後に薬剤師国家試験を受験することになります。
詳しくは、薬学部のカリキュラムのページをご覧ください。
薬学科(6年制)の3〜6年次に長期課題研究を行う時間はあるのですか?
4年次には臨床現場での実務実習に必要な共用試験(CBT、OSCE)が実施されるだけでなく、関連講義も増加します。しかし、目安として一日の半分程度の時間は研究室で研究を実施できると考えて下さい。また、5年次から始まる実務実習(薬局実習、病院実習)の5ヶ月間は原則として研究がストップしますが、それ以外の期間は研究を実施できます。しかし、5〜6年次では、研究の合間を見て、薬剤師国家試験の受験準備をせねばならないため、うまく研究と実習等を両立することが重要となります。
就職活動はどのように行えばいいですか?
基本的には、各自で行って下さい。研究室配属後の分野主任(教授)が相談にのってくれます。製薬企業、病院、薬局という大きな受け入れ先があるので、他学部に比べて就職は良好ですが、油断すること無く、本学在学中に研鑽を積むことで得た能力を発揮し、就職戦線を勝ち抜いて下さい。
研究、学習、学生生活などの悩みはどうすればよいですか?
薬学部・薬学研究科には「学生相談室」があります。
1人で悩まずいつでもご相談ください。詳しくは、「学生相談室ホームページ」をご覧ください。
 
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University