創薬研究機器

導入機器

HOME > 創薬研究機器 > 導入機器

分注機

HT-アッセイシステム、Freedom EVO200(Tecan)

用途:

プレートの複製:
96ウェル→96ウェル
96ウェル→384ウェル
384ウェル→384ウェル
Cherry Picking(指定されたウェルから化合物をピックアップ)
Serial dilution
Plate Washing
細胞アッセイ

台数:1台
設置場所:薬学研究科1号館410号室

紹介動画

詳細情報

96連マルチピペッタ
1.1回の分注処理で、96ウェルプレートの分注が出来る。また、4回の分注作業により、384ウェルプレートの分注も出来る。
2.50μl,100μlおよび200μlのディスポーザブルチップの使い分けが出来る
3.水およびDMSOに対して、1μlのサンプリングが出来る。

8連分注ピペッタ
1.チップ間隔が、9mmから38mmまで可変であるため、マイクロプレートの他、リザーバーなど異なる容器に対応出来る。
2.任意のウェルへの分注が必要なため、各ピペッタは、1本ずつ独立して上下稼動が出来る。
3.微量用ディポーザブルチップを用いることで微量分注1μl~200μlが出来る。
4.分注範囲は水およびDMSOに対して、3μl~1000μlである。
5.希釈系列プレートの作製が可能である。
6.それぞれのチップの先端に独立した液面検知センサ機能を持つ。

ロボットアーム
1.ロボットアームを用いて、アッセイプレート、チップラック等をカルーセル、CO2インキュベーターから持ち出し 、操作ステージにプレートを自動的に移動する。
2.各種ピペッターを用いて分注などを行うことにより、連続的なプレートの処理が可能(アッセイの自動化)
3.アッセイには、Infinite M1000, プレートウォッシャーを用いることも可能である。

HEPAフィルター
1.本機器はクリーンベンチと同様に機器の上部にHEPAフィルターが付いており、無菌操作が可能である。よって、無菌の環境が必要なCell based assayを自動的に行うことが可能である。