研究拠点|創薬センター構造展開ユニット

支援内容

創薬コンサルティング

現役製薬企業の創薬化学研究者による、企業目線に立ったアドバイスが可能です。例えば、医薬データベース(Clarivate Analytics社 Integrity)を用いた競合環境調査、創薬研究としてのコンセプトの妥当性、ロードマップの作成など、創薬研究に向けた各種相談を承ります。

ヒット化合物のフォロー

HTSで見出されたヒット化合物について、化学構造面からの問題点や懸念について相談を承ります。
また、構造が類似した市販化合物の検索など、構造活性相関の検討に向けたアドバイスが可能です。

リード化合物への合成展開

ヒット化合物から、活性の向上のみならず、薬物動態の改善も指向した合成展開を実施し、動物モデルでのPOC取得や、製薬企業との共同研究や導出が可能なレベルのリード化合物の創製を行います。

In vitro ADMET試験

医薬品としての適性を評価するため、in vitroにおける化合物の物性・代謝安定性の評価を行います。
評価項目はlogD、PBS溶解度、膜透過性(Caco-2細胞、PAMPA)、肝ミクロソームでの代謝安定性、
血漿タンパク質結合性、CYP阻害性、CYP誘導性、ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた心毒性予測です。

■支援に関するご相談や支援のご依頼は以下のページで受付しております。