大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成
   
大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成 プログラム内容
大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成 運営組織
大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成 履修モデル・講義・演習
活動成果
大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成 イベント・シンポジウム
大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成 アクセス・お問い合わせ
大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成 リンク
 
2011/09/28 平成23年度 海外交流プログラムでの研修の様子を掲載いたしました。履修モデル・講義・演習をご覧ください。
2011/05/26 平成23年度 提案型共同研究プログラムの採択課題が決定しました。
採択課題はこちらをご覧ください。
2011/04/28 平成23年度 提案型共同研究プログラムの募集を開始しました。
募集要項は
こちらをご覧ください。
→募集は終了いたしました。
2011/03/30 平成22年度報告書をアップしました。(PDFファイルはこちら
2011/03/08 本プログラムの平成22年度の活動内容をまとめたパンフレットを掲載しました。活動成果をご覧ください。
2010/11/30 平成22年度 海外交流プログラムでの研修の様子を掲載いたしました。履修モデル・講義・演習をご覧ください。
2010/11/16 平成22年度 国際シンポジウム「健康環境リスクマネージメント専門家育成」および学生フォーラムの様子を掲載いたしました。
活動成果をご覧ください。
2010/09/29 平成22年度 国際シンポジウム「健康環境リスクマネージメント専門家育成」のプログラムが決定しました。
プログラムはイベント・シンポジウムをご覧ください。
2010/09/03 平成22年度 国際シンポジウム「健康環境リスクマネージメント専門家育成」および学生フォーラムが開催されます。
  
国際シンポジウム
    日時:2010年10月25日(月)
    場所:大阪大学薬学研究科2号館4階 特別講義室
  学生フォーラム
    日時:2010年10月26日(火)
    場所:大阪大学薬学研究科2号館3階 セミナー室

プログラムは、決定次第公開します。
2010/09/01 大学院講義「応用環境生物学特別講義」・「発展途上国における感染症の現状と対策」に関連する資料が薬学部図書室にて閲覧・貸出できるようになりました。
資料は、随時更新していく予定です。
閲覧・貸出できる資料の一覧はこちらをご覧ください。
2010/08/06 平成22年度 提案型共同研究プログラムの採択課題が決定しました。
採択課題はこちらをご覧ください。
2010/07/05 平成22年度 提案型共同研究プログラムの募集を開始しました。→募集は終了いたしました。
2010/04/20 平成21年度報告書をアップしました。(PDFファイルはこちら
2010/03/01
国際シンポジウム「健康環境リスクマネージメント専門家育成」が開催されます。
   日時 : 2010年3月17日 (水) 10:30-18:00
   
場所 : 大阪大学薬学研究科2号館特別講義室
プログラムはこちらをご覧ください。
2010/01/20 平成21年度 提案型共同研究プログラムの募集を開始しました。→募集は終了いたしました。
2009/11/28 GLOCOL 共催シンポジウムが開催されます。
2009/11/27 ホームページを公開しました。
 

大阪大学では教養・デザイン力・国際性の3つの教育理念により社会が求める幅広い分野の知識と柔軟な思考力を持った人材の育成を目指しています。

市民の信頼を得られる社会的教養・判断力の育成
自由なイマジネーション、横断的な構想力の育成
異なる文化とのコミュニケーション能力の育成

健康を総合的に科学する薬学において、“健康”に対する社会的ニーズの急速な多様化に応えて、真に健康の維持・増進に貢献できる人材を輩出するためには、毒性学、予防薬学である衛生化学や公衆衛生学、さらには分析化学を基盤とする環境薬学教育の高度化・実質化と、国際的、学際的なコミュニケーション力の養成を図ることにより、『食と環境の安全・安心の確保』及び『感染症の的確な予防』を主導し、健康被害を未然に防ぐことができる人材、即ち“健康環境リスクマネージメントの高度専門家”を育成する必要があります。

薬学研究科及びGLOCOLにおける上記のような教育研究実績を基盤として、大阪大学が海外に展開する教育研究拠点との密な連携により、下記のような環境薬学教育の高度化、実質化及び国際化を図るプログラムを実施し、“健康環境リスクマネージメントの高度専門家”の育成を行います。

  • 有害物質の高感度解析に関する専門的な知識・技能の修得を目的とする大学院教育科目の開講
  • 病原微生物の高感度解析に関する専門的な知識・技能の修得を目的とする大学院教育科目の開講
  • 国際的かつ学際的視点に立った課題探究能力及び問題解決能力の養成を目的とするグループ演習
  • 国際的かつ学際的視点に立った情報収集・解析能力及びリスクコミュニケーション能力の養成を目的とする海外調査研修及び海外招聘研究員との合同研修
  • 自立的研究企画能力及び遂行能力の養成を目的とする学生提案型課題研究の支援
  • 国際的競争力とコミュニケーション能力の養成を目的とする国際シンポジウム及び学生フォーラムの開催

詳しくはプログラム内容をご覧ください。

 
   
大阪大学