大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成
   
大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成 プログラム内容
大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成 運営組織
活動成果
大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成 アクセス・お問い合わせ
大阪大学大学院 組織的な大学院教育改革推進プログラム 健康環境リスクマネージメント専門家育成 リンク
 
応用環境生物学特別講義 海外交流プログラム(中国)
研修期間
 平成22年8月7日(土)~8月15日(日)
研修参加者
  教員:3名 (薬学研究科 1名、GLOCOL 2名)
  学生:4名(内訳) 人間科学研究科 修士1年 2名
                   修士2年 1名
           医学系研究科 修士1年 1名
研修のテーマ
 
グローバル化の時代における食品の安全・安心を取り巻く現状
  
~食の生産・流通・消費に関する質的・量的調査と分析~
研修スケジュール
  8月7日(土)  ・関西空港出発
        ・烟台到着
        ・烟台の市街地の調査

 8月8日(日)   ・烟台周辺地域の調査
        ・リンゴ園(蓬莱鑫園保鮮食品有限公司) 訪問
         【有機農法を取り入れてリンゴを生産し、欧州へ輸出している農園】

 8月9日(月)  ・食品加工会社(山東永益集団有限会社) 訪問
         【日本への輸出向けに冷凍野菜の生産を行っている企業の見学】
        ・青島へ移動

 8月10日(火)  ・青島市撫順路蔬菜副食品批友市場 調査
          【青島市最大の卸売市場の調査】
         ・青島大学宿泊施設にて振り返り
                
 8月11日(水)  ・海泰集団青島市蔬菜科技示苑園 訪問
          【農業試験場および緑色食品生産場としての役割を果たす農園の調査】
         ・一般家庭訪問・聞き取り調査
          【一般家庭のお宅で食の安全についての意識調査】
         ・青島鰲福茶場、茶畑 訪問
          【有機農法で生産されたお茶の加工場の見学】
         ・青島大学内で振り返り

 8月12日(木) ・神湯淘村漁業合作社養殖示苑基地 訪問
         【村民が中心となって設立した養殖会社の見学・聞き取り調査】
        ・漁村周辺の市場での聞き取り調査
        ・ホテルで働く人を対象にした聞き取り調査
         【青島市の中流階級を対象とした食品安全に対する意識調査】
        ・調査報告会の準備

 8月13日(金)  ・調査報告会の準備
        ・調査報告会
          【調査をさせていただいた海泰集団青島市蔬菜科技示苑園と神湯淘村漁業
          合作社養殖示苑基地の方を招いて、今回の調査で考えたことを発表】

 8月14日(土)  ・青島市街の調査
        ・青島ビール祭りの調査

 8月15日(日) ・青島出発
         ・関西空港到着・解散

研修風景
<烟台市街地>
屋台街の様子          屋台街にあるゴミ捨て場     小規模商店の様子

高層マンション街        烟台大学            海岸近くの路上販売


<リンゴ園(蓬莱鑫園保鮮食品有限公司)>

リンゴ畑                   EUROPGAP認定書 説明を受ける様子    


<食品加工会社(山東永益集団有限会社)>

会社の外観           加工場見学           加工の様子


<青島市撫順路蔬菜副食品批友市場>
市場の外観           乾物を扱うお店         野菜を売るフロア

魚屋さんへの聞き取り調査    売られている魚介類       精肉を扱うフロア

果物屋さんへの聞き取り調査   市場の外にある屋台街      


<ふりかえり>

8月10日のふりかえりの様子


<海泰集団青島市蔬菜科技示苑園>
管理棟玄関           南国果物栽培用の温室      栽培野菜の説明

様々な野菜の栽培        広大な敷地           有機野菜栽培用ハウス

出荷用のラベル         大型スーパーからの返品     農場についての講義


<一般家庭への訪問>
一般家庭の中庭          大きな釜での調理        台所の様子

家庭料理の数々         料理の前で記念撮影       食に関する聞き取り①

食に関する聞き取り②      記念撮影            農村地域の街並み


<お茶農家への訪問>
農家の方への聞き取り

お茶加工場の見学

お茶を揉む機械         自然乾燥            加熱による最終乾燥

無公害茶畑の見学


<大型スーパーでの調査>
一般の野菜           青島市蔬菜科技示苑園の野菜   有機食品売り場


<神湯淘村漁業合作社養殖示苑基地>
会社の看板           会社の概要の説明        養殖の仕掛けの説明

技術研修用のDVD        養殖池             廃棄された大量の貝殻

<漁村近くの路上市場>
市場のお昼前の様子       お店の人への聞き取り調査          


<ホテル従業員の方への聞き取り調査>
食の安全に関する意識調査


<調査報告会>
発表準備の様子

発表用プロダクトの完成!                    気合いの掛け声!!

発表会の様子



プログラム                研修先の皆さんと記念撮影


<中国で経験した食文化>
昆虫料理                            ヒトデ料理

なまこ料理           海腸料理


参加者の声
研修期間は約一週間。調査地を「知る」には短かったのかもしれません。
しかし、現地でたくさん「観る」ことが出来ました。
中国で私が観て学び、感じたことを家族や友人など、人に言葉で伝えることを大切にしています。


<プログラムに参加して良かった点>
短期間で農村、漁村、都市等の現状を観察し、学び、最終的に地元の方々に意見を述べ、情報を共有し合うことが
 できたこと。
・調査から発表まで、全体的に凝縮された非常に密度の高い研修であったこと。
・事前準備がきちんとなされていて、色々な世代・職業の人にたくさんインタビューができたこと。
・調査させていただいた方々の前で発表し、交流することができたこと。
・言語のみならず、文化背景が違う人同士のコミュニケーションについて考えるきっかけになったこと。
・専門だけでなく、包括的に知識やスキルを養うことが求められていると感じられたこと。
・市場の現状や、農家の暮らし等、通常の観光では見ることのできない裏側を知ることができたこと。
・異なる分野を専門にした学生が集まったことにより、色々な角度からアプローチができたこと。


 


お問い合わせ
   健康環境リスクマネージメント専門家育成
   大阪大学教授 平田收正
   E-mail : hirata@phs.osaka-u.ac.jp



   

 
大阪大学