食と環境の安全安心を担う薬学人材養成教育

- 統合型教育体制の整備による食と環境の安全・安心を確保できる環境薬学領域の人材育成 -

平成20年度 質の高い大学教育推進プログラム

 

薬学科のアドミッションポリシー

 『薬学科は“薬物による疾患の克服により人類の福祉と健康に貢献する”を最大の目標としています。薬学科は、創薬研究から投薬に至るまで幅広い見識を持ち患者に還元できる薬の専門家(薬剤師と医療薬学の研究者)の育成を目指した教育に力点を置いています。そのために、次のような人を求めています。』

  1. 創造性豊かで、何事を行うにも意欲的に取り組むことができる人

  2. 論理的、かつ柔軟な思考力とそれを支える幅広い基礎知識、およびその展開能力を備えた人

  3. 医療現場に立つものに相応しい倫理観と豊かな人間性を持った人

  4. 生命科学の基礎となる化学・生物学・物理学などに興味を持ち、それらの基礎がしっかりしている人

  5. 医療の発展を通して社会に貢献しようとする気概を持ち、将来は大学院へ進学してさらに高度な医療薬学研究に打ち込もうという熱意のある人

 学部教育において、薬学科で学生に修得させるべき能力と将来活躍すべき分野・部門については、以下の通り、学部案内に明記し公開している。

  1. 薬学科では、基礎薬学、創薬科学、環境・衛生薬学に始まり、医療薬学に関する専門科目を重点的に受講する中で、さらに6ヶ月間にわたる病院実習等を経験する。これらの教育を通して、社会が求める医療人としての責任感を芽生えさせ、高い倫理観と豊かな人間性を育てる。

  2. このような高度専門教育とともに、学部の後半では各研究室に配属され長期課題研究に取組む。長期課題研究では課題探求・問題提起の能力を滋養し、創造性と科学的探究心を持つと同時に社会が求める医療人として使命を果たせる薬の専門家(薬剤師)の育成とともに医療薬学の研究者養成を目指す。

  3. 21世紀を迎え、ライフサイエンスやバイオテクノロジーの進展によりインテリジェントな医薬品が考案されている。薬学科では、このような高度化された医薬品を含め様々な医薬品を疾患の予防と治療・健康増進に安全有効活用できる人材の育成を目指しており、薬学科の出身者は医療機関など医療の現場はもちろん、医療薬学の研究や医薬・保健行政に携わることが期待される。

  4. さらに高い見識と人間的魅力を持ち合わせた指導力のある人材育成を目指す大学院医療薬学専攻(仮称)に進学し、そこでの研究活動を発展させる道が用意されている。

  5. 薬学科に入学し6年一貫教育の中で定められた期間内に病院実習等を含め所定の単位を取得し卒業した者には、薬学士の称号が授与されます。薬学科を卒業した者には薬剤師国家試験の受験資格が与えられる。

Copyright © 2009 OSAKA UNIVERSITY. All Rights Reserved.