食と環境の安全安心を担う薬学人材養成教育

- 統合型教育体制の整備による食と環境の安全・安心を確保できる環境薬学領域の人材育成 -

平成20年度 質の高い大学教育推進プログラム

 

統合型教育体制の構築

(1)領域別統合型教育体制の構築に向けた取組

 領域別統合型教育体制の構築については、平成20年度12月から運営委員会を中心に「学習の手引き」の作成に着手し、薬学研究科専任教員が担当する2年次から4年次学生が対象となる専門科目については、すでに作成が終了した。また各科目については、下記の項目の記載を行った。これらの「学習の手引き」については、平成21年度報告書(PDFファイル)に記載した。
















 

Copyright © 2009 OSAKA UNIVERSITY. All Rights Reserved.

 なお、本来はシラバス自体を改訂する予定であったが、現行のシラバスは大阪大学全体の学務情報システムに掲載されるため、今回の改訂内容を反映することはできない。そこでシラバスについては、記載事項である概要・目的(一般目標に相当)や授業計画(到達目標に相当)及び成績評価について本「学習の手引き」への記載内容との反故がないように、各教員に改訂を求めた。

 本「学習の手引き」は、平成22年度4月上旬に第1版として配付する。さらに、平成22年度には取組実施計画に従って、基礎実習、実務実習や、研究科外の教員や非常勤講師による科目分、薬学科の5、6年次履修科目及び大学院修士課程履修科目分を追加し、最終的には全履修科目に対する「学習の手引き」を完成させ、本取組の最終成果とする。

 成績評価の明確化については、運営委員会により評価方法・評価基準に関する検討を行い、「学習の手引き」に統一的な記載を行うこととした。また、合否決定を目的とする総括的評価と、学習過程の改善を目的とする形成的評価を分けて表記することとし、「学習の手引き」に反映し、学生への周知を可能にした。