食と環境の安全安心を担う薬学人材養成教育

- 統合型教育体制の整備による食と環境の安全・安心を確保できる環境薬学領域の人材育成 -

平成20年度 質の高い大学教育推進プログラム

 

取組の実施体制

(1)取組の企画・運営体制

 大阪大学では、6年制薬学教育導入にともなう教育制度改革を円滑に行うために、平成18年に実践薬学教育研究センターを設置した。統合型教育体制の構築の準備として、本センターの教員が委員長を務めるカリキュラム検討小委員会において、全科目のシラバスの内容とモデル・コアカリキュラムへの準拠について見直し作業を行ってきた。

 本取組の企画・運営は、実践薬学教育研究センターの教員、カリキュラム検討小委員会委員に、環境薬学領域の4研究室の教員11名及び新たに採用した特任教員を加え、新たに質の高い大学教育推進プログラム運営委員会(以下、運営委員会)を組織し、これにあたる(上図)。領域別統合型教育体制の構築は、カリキュラム検討小委員会委員が中心となり、薬学研究科所属の全教員が参画して各領域の再編成に向けた作業を実施する。また、環境薬学教育の高度化及び実質化を図るプログラムは、環境薬学領域4研究室の教員及び特任教員が中心となって実施する。さらに、大学院の学生をTAとして採用し、プログラムの補助業務にあたらせることにより、プログラムの円滑な実施と学生自身の指導能力の向上を図る。

Copyright © 2009 OSAKA UNIVERSITY. All Rights Reserved.

(2)取組の評価体制

 本取組の実施状況及び成果に関する評価は、運営委員会、科目担当教員(自己評価)及び学生による評価を実施する。評価項目としては、統合型教育の達成度(内容の充実度、科目間の整合性、学習効果、学生のモチベーション等)、テキスト等の教材の妥当性、教員の取組の度合い、時間配分の適合性等があげられる。

 また年度末には報告書を作成し、これをもとに、学外の薬学教育プログラムに詳しい大学教員1名及び環境薬学が専門の大学教員1名を評価委員とする外部評価を受ける。

 上記の評価結果については、運営委員会において検討を行い、改善すべき点については、具体的な対応策を策定する。年度始めにFD研修会を開催し、教育効果の高いプログラム実施に向けた討論を実施し、改善策の定着化を試みる。

取組期間終了時には、最終成果報告会を実施し、これに外部評価委員を招いて直接評価を受ける。これを最終報告書の評価結果と合わせて運営委員会で精査・検討し、取組終了後の発展的継続に関する具体的な計画の立案に反映させる。