食と環境の安全安心を担う薬学人材養成教育

- 統合型教育体制の整備による食と環境の安全・安心を確保できる環境薬学領域の人材育成 -

平成20年度 質の高い大学教育推進プログラム

 

大阪大学の教育理念

 大阪大学は、研究拠点大学として最高の研究を推進し、その研究に基づいて最良の教育を提供している。これにより社会が求め社会から信頼される人間を育成することが、大阪大学としての最大の社会的責任であり、この責任を果たすことにより、さらに優れた大学へと発展する拡大再生産の過程を実現している。

 大阪大学が掲げる三つの教育目標は、「教養」、「デザイン力」及び「国際性」である(上図)。すなわち大阪大学では、教養、デザインとコミュニケーションの能力、国際社会に生きるための知識と感性、優れた外国語運用能力、問題を複眼的に見る資質、現場を重視する実践的姿勢などを“育てる”大阪大学独自の個性あふれる教育を推進し、地域社会と国際社会に貢献する多様な分野の指導的人間の養成を目指す。

 本取組は、今や我が国だけでなく国際的なニーズとも言える、食と環境の安全・安心の確保に貢献できる薬剤師および薬学研究者の養成を目指すものであり、先に述べた大阪大学の教育理念に基づいた優れた人材養成教育の一つとして位置づけられるものである。

Copyright © 2009 OSAKA UNIVERSITY. All Rights Reserved.