食と環境の安全安心を担う薬学人材養成教育

- 統合型教育体制の整備による食と環境の安全・安心を確保できる環境薬学領域の人材育成 -

平成20年度 質の高い大学教育推進プログラム

 

 本プログラムでは、薬学教育に対する強い社会的ニーズである”食と環境の安全・安心の確保に貢献できる人材養成“を達成するために、実践的かつ高度なリスクマネージメント能力の養成が可能な環境薬学教育プログラムを実施する。

 まず、学部教育における講義や演習、実習を学習目標に合わせて領域別に再編成することによって統合型教育体制を構築し、学生の学習に対する目的意識の明確化と成績評価の厳格化による教育効果の向上を図る。これを基盤として、環境薬学領域においてPBLチュートリアル教育、外部講師による最新専門教育、最新機器を使用した実習や外部関連機関での体験型学習を実施することにより、高度なリスクマネージメントに不可欠な課題探求能力や問題解決能力の養成、即戦力として活躍できる技能の修得、さらには食と環境の安全・安心を担う薬学人としての使命感の涵養を図ることにより、環境薬学教育の高度化及び実質化を達成し、真に社会的ニーズに応えられる人材養成を目指す。 → 本取組の概要 

大学教育推進プログラム(教育GP)とは

文部科学省が、大学設置基準等の改正等への積極的な対応を前提に、各大学・短期大学・高等専門学校から申請された、教育の質の向上につながる教育取組の中から特に優れたものを選定し、広く社会に情報提供するとともに、重点的な財政支援を行うことにより、我が国全体としての高等教育の質の保証、国際競争力の強化に資することを目的とする補助事業です。

文部科学省 教育GPのページ

Copyright © 2009 OSAKA UNIVERSITY. All Rights Reserved.

お知らせ

11/05/23 NEW平成22年度報告書をアップ(PDF File)

11/05/23 NEW「学習の手引き(抜粋)」をアップ(PDF File)

10/04/23 平成21年度報告書をアップ(PDF File)

10/04/22 取組の実施状況(平成21年度)を追加

09/08/16 取組の実施状況を追加

09/04/01 ホームページを開設