食と環境の安全安心を担う薬学人材養成教育

- 統合型教育体制の整備による食と環境の安全・安心を確保できる環境薬学領域の人材育成 -

平成20年度 質の高い大学教育推進プログラム

 

環境薬学教育の高度化及び実質化を図るプログラムの実施

(1)PBLチュートリアル教育の導入

 PBLチュートリアル教育については、環境薬学領域教員が担当する下記の7科目において実施した。なお、本取組の対象となる平成20年度入学生は、すでに1年次の薬学概論(早期体験学習)においてPBLチュートリアル教育を体験しているため、導入的な説明は行わず、各科目で個々に実施した。学生は非常に積極的に取り組み活発な議論が行われた。


1)平成21年度に環境薬学科目及び関連科目実施したPBLチュートリアル教育


A)健康管理学

  1. 1)担当教員:平田收正、伊藤徳夫、原田和生、松浦秀幸、吉川友章

  2. 2)実施日:2009年5月18日(月)、5月25日(月)、6月1日(月)

  3. 3)テーマ:最近問題になっている感染症の予防や治療において薬剤師及び薬学出身者が果たすべき役割。

  4. 4)実施方法:

  5. 予め肺結核、エイズ、インフルエンザについて書籍、インターネットなどを用いて最新情報を調査し、レポート作成

  6. レポートを元にした小グループ討論と成果のまとめ

  7. 発表および質疑


B)毒性学

  1. 1)担当教員:堤 康央、伊藤徳夫、吉川友章

  2. 2)実施日:2009年6月1日(月)、6月8日(月)、6月15日(月)

  3. 3)テーマ:化学物質・医薬品のリスク調査/解析・リスク評価・リスク管理

  4. 4)実施方法:

  5. 化学物質・医薬品の安全性問題に関するテーマの調査(自習)

  6. テーマに関する小グループでの討論と成果作成

  7. 発表(フリーソフトOpenOfficeを使用)および質疑


C)健康情報学

  1. 1)担当教員:高木達也、川下理日人、岡本晃典

  2. 2)実施日:2009年6月3日(水)

  3. 3)テーマ:混合診療の問題に関して、後期高齢者医療制度に関して、日本の医療保険制度に関して、介護制度、日本と海外の保険制度、今回の新型インフルエンザの問題に関して、少子高齢化問題、小児科・産婦人科医療の問題、小児の脳死臓器移植問題について、世界の難民問題と薬剤師

  4. 4)実施方法:

  5. 上記テーマに関するWeb等を利用した各自調査(自習)

  6. テーマに関する小グループでの討論と成果作成

 

D)実施科目:基礎セミナー(環境と化学物質)

  1. 1)担当教員:高木達也、川下理日人、岡本晃典

  2. 2)実施日:2009年6月12日(金)、6月19日(金)、6月26日(金)、7月3日(金)

  3. 3)テーマ:環境と化学物質、レアメタル問題、地球温暖化、リサイクルにおける現状と問題、環境中(水、大気、食品)の有害微生物、グリーンケミストリー

  4. 4)実施方法:

  5. 上記テーマに関するWeb等を利用した各自調査(自習)

  6. テーマに関する小グループでの討論と成果作成

  7. 発表(パワーポイント使用)


E)環境安全学

  1. 1)担当教員:平田收正、原田和生、松浦秀幸

  2. 2)実施日:2009年11月6日(金)

  3. 3)テーマ:環境ホルモンによる健康被害をなくしたい。対策を講じる上での課題・問題点は何か。

  4. 4)実施方法:

  5. KJ法による問題の抽出と整理

  6. 小グループ討論による最優先課題の決定

  7. 解決に向けたマスタープランの作成と提言


F)食品安全学

  1. 1)担当教員:堤 康央、吉川友章

  2. 2)実施日:2010年1月15日(金)、1月22日(金)

  3. 3)テーマ:食のリスクマネジメント・リスクコミュニケーション・リスクリテラシー

  4. 4)実施方法:

  5. 食の安全性問題に関するテーマの調査(自習)

  6. テーマに関する小グループでの討論と成果作成

  7. 発表(フリーソフトOpenOfficeを使用)および質疑


G)機能食品学

  1. 1)担当教員:平田收正、原田和生、松浦秀幸

  2. 2)実施日:2010年1月27日(水)

  3. 3)テーマ:食の安全・安心を確保したい。対策を講じる上での課題・問題点は何か。

  4. 4)実施方法:

  5. KJ法による問題の抽出と整理

  6. 小グループ討論による最優先課題の決定

  7. 解決に向けたマスタープランの作成と提言

Copyright © 2009 OSAKA UNIVERSITY. All Rights Reserved.