総合的な薬学教育のもと
世界をリードする研究者の育成を目指して


大阪大学は未来に活躍する研究者の育成を目指す、我が国屈指の総合大学です。その中で私たち薬学研究科は「薬学」を総合的な健康科学の発展を目指す学問領域と位置付け、日々の教育研究に従事しています。

人類の歴史を振り返ると、有効な薬の発見、治療法の開発、そして診断法の確立によってたくさんの病気や疾患が克服されてきました。その発展に薬学領域の研究がいかに貢献してきたかは言うまでもありません。しかしがん、新興感染症、環境汚染など、これから撲滅しなければいけない病気や環境問題はまだまだたくさん残されており、薬学研究のさらなる発展が期待されています。

大阪大学薬学部は4年制の薬科学科と6年制の薬学科の2学科から成り、共に薬学研究者の育成を主眼とした教育を行っています。薬科学科の卒業生はほとんどが大学院進学を希望しており、修士や博士の学位を取得して社会に巣立っていきます。薬学科の学生は6年間の一貫教育を経て、薬剤師の国家試験受験資格を取得し、将来指導者的な立場に立つ臨床薬学研究者としての活躍が期待されています。将来、薬剤師が過剰になるという予測もありますが、薬学教育を受けた研究者に対するニーズは今後一層高まることは間違いありません。高校生のみなさん、大阪大学薬学部に入学し健康科学の発展に大きく貢献できる研究者を目指しませんか。
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University