医療にまつわるあらゆる分野に
多くのエキスパートを送り出す支援体制


大阪大学大学院薬学研究科・薬学部では、学内の授業や実習だけでなく
外部の様々な機関やプログラムと連携することで、
薬学部生が、次世代の薬学だけでなく、
医療全般のあらゆる分野において活躍できる人材となれるよう
支援・協力の体制の整備を推し進めています。
革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業

核酸医薬とは、RNAやDNAの働きを利用して、病気の原因となる遺伝子やタンパク質に作用するタイプの医薬品で、従来の低分子医薬品やバイオ医薬品である抗体医薬とは、また違ったタイプの医薬品です。この核酸医薬の実用化に向けては、様々な課題があります。我々は、この課題を克服し、国内における核酸医薬の実用化にむけた研究や開発を促進するための研究を行っています。

大阪大学創薬推進研究拠点

古くから大阪は「くすりのまち」として知られており、現在でも数多くの製薬企業が大阪を拠点として医薬品の研究開発に取り組んでいます。
大阪大学創薬推進研究拠点では、創薬等支援技術基盤プラットフォーム等の事業を通じて、製薬企業との強力な連携のもと、効率的かつ実践的な産学連携創薬研究を推進し、さらには医薬品の開発から育薬までをシームレスにつなぐ環境を構築することにより、アカデミア発創薬の実現に貢献することを目指しています。

生命科学研究独立アプレンティスプログラム

次世代を担う若手研究者の独立を支援するプログラム。世界トップクラスにある大阪大学の生命科学研究分野の活動を基盤とし、6つの関連部局が連携して、若手研究者を特任准教授として採用。採用された研究者は、完全な独立を目前にひかえた、「アプレンティス(見習い)」として位置づけられ、独自のテーマで研究を進められる環境が提供されます。また、孤立することがないよう、ノウハウの指導と支援を受けることができます。

質の高い大学教育推進プログラム
(食と環境の安全安心を担う薬学人材養成教育)

年々高まる「食と環境の安全・安心の確保に貢献できる人材養成」のニーズを達成するために、実践的で高度なリスクマネージメント能力の養成を目指す環境薬学教育プログラムを実施しています。そのひとつとして、講義や演習のカテゴリ、目標を再編成することで、学生の学習に対する目的意識の明確化を図る、また最新機器・最新専門教育などの体験型学習を増やすなどの取り組みを行っています。

組織的な大学院教育改革推進プログラム
(健康環境リスクマネージメント専門家育成)

健康に対する社会ニーズの多様化に薬学分野から対応すべく、海外に展開するGLOCOLなどの教育研究拠点と密な連携を取り、環境薬学教育の高度化、実質化及び国際化を図るプログラムです。毒性学、予防薬学である衛生化学や公衆衛生学、さらに分析化学を基盤とする環境薬学から、食と環境の安全・安心を確立できる、また感染症の的確な予防を主導できる「健康環境リスクマネージメントの高度専門家」の輩出を目指しています。

先導的薬剤師育成に向けた
実践的アドバンスト教育プログラムの共同開発

医療現場での医薬品適正使用のみならず、拡大した国民の社会的ニーズに的確に対応し、広範な職域において指導的立場で活躍できる"先導的な薬剤師"を輩出するために、6年制学科の高学年薬剤師養成教育のための4つの教育プログラム(1. 実践的医療薬学教育プログラム、2. 長期課題研究及びアドバンスト教育プログラム、3. SP養成教育及びPBLチュートリアル教育プログラム、4. 教育評価手法プログラム)を、全国立大学薬学部14校が大学間連携により共同開発を進めています。

地域チーム医療を担う薬剤師養成プログラム

本事業では、大阪大学と先駆的な地域チーム医療を実践する地域(病院、診療所、薬局、行政等)の連携により、学部生、指導薬剤師、臨床系教員を対象とした「地域医療教育モデルプログラム」の開発と普及を行う。具体的にはⒶアドバンスト地域医療教育・演習プログラム及びⒷアドバンスト地域医療実習・研修プログラムを開発し、さらにⒸ改訂カリキュラム対応実務実習支援プログラムによって、開発したモデルプログラムの普及と改訂カリキュラム準拠の実務実習における定着化を実現させることにより、地域医療で活躍できる薬剤師の輩出を達成する。

薬剤耐性細菌発生機構の解明と食品管理における耐性菌モニタリングシステムの開発
高度先導的薬剤師の養成とそのグローカルな活躍を推進するアドバンスト教育研究プログラムの共同開発
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University