薬学の楽しさ、喜びが、
好奇心をかき立てる!


薬の基礎研究から実際の調剤までを、楽しい実験を通して体験し、薬学部・薬学研究科の研究の一端に触れて頂きます。
併せてライフサイエンスの最先端で活躍する教員による公開授業やラボツアー、進学・進路相談などを開催しますので、薬学部・薬学研究科へ進学をお考えの方は是非ご参加ください。
開催日時

2017年4月30日(日)、5月1日(月)

大阪大学 吹田キャンパス
タイムスケジュール
イベント内容

くすりの多くは、アミノ酸から作られるタンパク質と結合することによって効き目を発揮しています。様々なタンパク質のかたちとくすりの作用を、コンピュータグラフィックスや分子模型で立体的に観察してみましょう。

生命の不思議を解き明かしたり、病気の原因を究明するためには、生命の設計図である遺伝子を解析することが重要です。研究の現場で使われている機器に触れ、細胞から遺伝子を取り出して観察してみましょう。

化粧品に含まれる香料は、良い香りの付与という役割だけでなく、原料の臭いを分からなくさせたり、覚醒やリラックスなど心身への様々な効果があります。香りづくりを中心に、化粧品づくりを体験してみましょう。

我が国の死亡原因の第1位を占める疾患であるがんの治療薬として、抗がん剤、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬が使用されています。これらのがん細胞への作用と今後期待される治療薬について紹介します。

DNAやRNAなどの核酸は生命の源ともいうべき重要な物質です。 現在、DNAやRNAをもとにした最先端の医薬品開発が世界中で活発化しています。講義では、くすりと核酸についてわかりやすくお話します。

大阪大学薬学部、大学院薬学研究科への進学を希望している皆さんへ、進学・進路相談を行います。(公開講義(11時~11時30分、14時~14時30分)中は一時休憩しますのでご注意ください。)

大阪大学薬学部・薬学研究科では、画期的新薬の開発を目指し、世界に誇る最先端の教育・研究を行っています。日頃目にすることのない最先端の研究現場をご案内いたします。

大学院薬学研究科・薬学部の分野(研究室)紹介ポスターを展示し、教員が質問にお答えします。

『薬剤師が病院や薬局で患者様にお渡しするお薬をどのようにして調剤しているのか』を、模擬調剤室で実際に粉薬や軟膏を使って体験してみましょう。

薬草園・温室・緑地化地区を自由に散策していただきます。
会場マップ

  アクセス方法はこちら

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University