事業の目的

●事業全体の目的は、薬学部・大学院薬学研究科を有する国公立17大学による学部高学年及び大学院博士課程におけるアドバンスト教育研究プログラムの共同開発とその普及・定着化にある。

●即ち、参画大学間の密な連携によって開発したプログラムを各大学で実施し、さらにこれらの大学を拠点とする全国の8地区で普及・定着化させることによって、現在及び未来の医療のダイナミックな変化に的確に対応して、臨床現場で先進的な医療を提供し、開発から安全確保までを包括する創薬研究や高度な保健衛生を主導できる高度先導的薬剤師の養成が達成でき、さらにそのグローカルな視野・立場に立った活躍を推進することが可能となる。

●特別運営費交付金事業として達成すべき目的は、参画する大学間連携によるアドバンスト教育研究プログラム開発とそのそれぞれの大学を拠点とする普及・定着化にある。普及・定着化については、ホームページ等による事業内容に関する情報の発信や共有化、出版物やシンポジウム、ワークショップを通した事業成果の広報も含む。

●一方、開発プログラムの参画大学での実施とその効果の検証は、各大学の自己資金によって実施し、合わせて上記の事業全体の目的の達成を図る。

高度先導的薬剤師の養成とそのグローカルな活躍を推進する
アドバンスト教育研究プログラムの共同開発