HOME > 研究トピックス > 【受賞】創薬ナノデザイン学分野・平井敏郎氏(特任講師)が第24回日本ワクチン学会学術集会(令和2年12月19日・20日)において学術集会若手奨励賞を受賞
2020.12.22
【受賞】創薬ナノデザイン学分野・平井敏郎氏(特任講師)が第24回日本ワクチン学会学術集会(令和2年12月19日・20日)において学術集会若手奨励賞を受賞

ワクチン接種などで誘導される記憶T細胞は、抹消組織中(特に皮膚、腸管、肺など)で多く維持されていますが、各組織が記憶T細胞を保持できる数の限度に関しては分かっていませんでした。本発表では、皮膚が保持できる記憶T細胞の数が有限で、新しい免疫誘導により過去の免疫記憶が消失する可能性を示し、受賞に至りました。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University