HOME > 研究トピックス > 【受賞】創薬ナノデザイン学分野・澁谷銘人氏(修士課程2年)が第24回日本ワクチン学会学術集会(令和2年12月19日・20日)において学術集会若手奨励賞を受賞
2020.12.22
【受賞】創薬ナノデザイン学分野・澁谷銘人氏(修士課程2年)が第24回日本ワクチン学会学術集会(令和2年12月19日・20日)において学術集会若手奨励賞を受賞

<澁谷銘人、吉岡靖雄:混合アジュバントによるインフルエンザワクチンの交差防御能誘導メカニズムの解明>

現行のインフルエンザワクチンでは、ワクチン株と流行株の抗原性が異なると、産生される抗体が中和活性を示さず、十分なワクチン効果を期待できない現状にあります。本発表では、CpG核酸と水酸化アルミニウムの混合アジュバントにより誘導される交差防御能について、詳細なメカニズム解明を図り、受賞に至りました。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University