HOME > 研究トピックス > 【受賞】生命情報解析学分野の 博士前期課程1年木下 真由美氏が第70回 日本薬学会関西支部大会(令和2年10月10日)にて口頭発表賞を受賞
2020.11.10
【受賞】生命情報解析学分野の 博士前期課程1年木下 真由美氏が第70回 日本薬学会関西支部大会(令和2年10月10日)にて口頭発表賞を受賞

【受賞演題】HDAC阻害剤MS-275がメラノーマ細胞の肺転移を促進するメカニズムの解析

ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害剤であるMS-275はがん細胞に作用し増殖を抑制することが知られています。今回、我々は特定の条件下でMS-275が血管内皮細胞に作用し、血管透過性を亢進させることで、がん細胞の肺転移を促進することを見出しました。MS-275の新しい標的細胞として血管内皮細胞を同定したことが評価され受賞に至りました。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University