HOME > 研究トピックス > 【受賞】毒性学分野の博士後期課程2年衛藤舜一氏が第47回日本毒性学会学術年会(令和2年6月29日~7月1日) 「獲得免疫を介した非晶質ナノシリカのハザード同定と物性との連関解析」 学生ポスター発表賞を受賞
2020.07.28
【受賞】毒性学分野の博士後期課程2年衛藤舜一氏が第47回日本毒性学会学術年会(令和2年6月29日~7月1日) 「獲得免疫を介した非晶質ナノシリカのハザード同定と物性との連関解析」 学生ポスター発表賞を受賞

ナノマテリアルは、非常に有用な機能を有する画期的な素材であり、我々の日常使用する物品にも多く使用されている一方で、未知の生体影響を秘めている可能性も危惧されており、そのリスク解析が喫緊の課題となっています。我々は今回、これまで検証してきた非晶質ナノシリカの事前曝露による、再曝露時の獲得免疫系を介した肝障害増悪というハザードにおける、非晶質ナノシリカの粒子径及び表面修飾の影響を評価しました。その結果、いかなる表面修飾体を前投与しても肝障害増悪が誘導されたのに対し、粒子径については再曝露時のものと等しくなければならないことを明らかとし、今回の受賞に至りました。本研究成果は、肝障害誘導機序解明や、ナノマテリアルの最適デザインにつながる知見となると期待しています。

衛藤 舜一(毒性学分野 博士後期課程2年)
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University