HOME > 研究トピックス > 橋本均教授および立花雅史特任准教授(常勤)が令和元年度大阪大学賞を受賞しました。
2019.11.28
橋本均教授および立花雅史特任准教授(常勤)が令和元年度大阪大学賞を受賞しました。

橋本均教授(神経薬理学分野)および立花雅史特任准教授(常勤)が令和元年度大阪大学賞を受賞しました。

本賞は、3つの部門(大学運営・教育貢献・若手教員)からなり、大阪大学の教職員が、大学運営、教育及び研究上において本学に特に顕著な貢献をした者に対し、その功績を讃えて表彰するものです。
11月21日(木)には、大阪大学コンベンションセンター(吹田キャンパス)にて、本賞の表彰式が行われ、西尾総長から各受賞者に対し記念の盾が授与されました。

【対象業績】
(教育貢献部門)
橋本 均 教授「6年制薬学教育プログラムの質保証への貢献」
(若手教員部門)
立花 雅史 特任准教授(常勤)「創薬展開を指向した骨髄由来免疫抑制細胞の研究」

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University