HOME > 研究トピックス > 当研究科と豊中市、豊中市薬剤師会の産官学共同研究「デジタルサイネージを活用した『健康情報拠点薬局推進のための産官学協働に関する協定書』調印式」を行いました。
2019.09.18
当研究科と豊中市、豊中市薬剤師会の産官学共同研究「デジタルサイネージを活用した『健康情報拠点薬局推進のための産官学協働に関する協定書』調印式」を行いました。

2019年9月18日配信「日本経済新聞電子版」他複数のメディアにて、豊中市、豊中市薬剤師会および本学が共同でスタートさせた産官学連携事業「デジタルサイネージを活用した『健康サポート薬局・豊中モデル』の推進」が紹介されました。本事業の開始に際して、同年9月17日に豊中市役所において、「健康情報拠点薬局推進のための産官学協働に関する協定書」調印式を行いました。本事業の詳細は当研究科医療薬学分野HP、豊中市HP等をご覧ください。

土井研究科長、長内市長、芦田薬剤師会長(左から)
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University