HOME > 研究トピックス > 【論文掲載・新聞報道】分子生物学分野 水口裕之教授、高山和雄助教、根来亮介大学院生らの研究成果がStem Cell Reports誌で発表され、複数の新聞等で紹介されました(2018年11月22日)
2018.12.04
【論文掲載・新聞報道】分子生物学分野 水口裕之教授、高山和雄助教、根来亮介大学院生らの研究成果がStem Cell Reports誌で発表され、複数の新聞等で紹介されました(2018年11月22日)

分子生物学分野の水口裕之教授、高山和雄助教、根来亮介大学院生らのグループが進めているヒトiPS細胞から分化誘導した小腸上皮細胞が、薬物代謝試験や薬物輸送試験などの創薬試験に役立つことを示した研究成果が、複数の新聞等で紹介されました(2018年11月22日)。また、本研究成果は、Stem Cell Reports誌に2018年11月22日に掲載されました。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University