HOME > 研究トピックス > 【受賞】臨床薬効解析学分野博士後期課程3年 松本浩太朗氏が第2回日本循環器学会基礎研究フォーラムにおいて優秀賞を受賞しました。
2018.10.11
【受賞】臨床薬効解析学分野博士後期課程3年 松本浩太朗氏が第2回日本循環器学会基礎研究フォーラムにおいて優秀賞を受賞しました。

【学会名】第2回日本循環器学会基礎研究フォーラム
【演 題】Blockade of NKG2D / NKG2D Ligand Interaction Attenuated Post-infarct Myocardial Injury
【賞 名】優秀賞
【受賞者】松本浩太朗(臨床薬効解析学分野 博士後期課程3年)

心筋細胞死は心不全発症・進展に大きく寄与しているものの、そのメカニズムには不明な点が多いのが現状です。今回、我々は、免疫学的監視機構により心筋細胞死が誘導されること、免疫学的監視機構の抑制により心不全病態が改善されることを見出しました。本研究成果は、免疫機構を標的とした新規心不全治療戦略の開発に貢献するものとして評価され、受賞に至りました。

   受賞された松本浩太朗氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University