HOME > 研究トピックス > 【受賞】分子生物学分野博士前期課程2年 鳥羽由希子氏が第65回日本生化学会近畿支部例会にて優秀発表賞を受賞しました。
2018.05.30
【受賞】分子生物学分野博士前期課程2年 鳥羽由希子氏が第65回日本生化学会近畿支部例会にて優秀発表賞を受賞しました。

概要
【学会名】第65回日本生化学会近畿支部例会(平成28年5月26日)
【受賞演題】優秀発表賞 (口頭発表の部)
【受賞演題】「ヒト iPS 細胞から肝幹前駆細胞への分化にFGFは不要である」
【受賞者】鳥羽 由希子(分子生物学分野 博士前期課程2年)

 ヒトiPS細胞由来肝細胞の創薬応用実現に向けて、分化誘導法の改良が必要とされています。今回、我々は、肝細胞の前駆細胞である肝幹前駆細胞の分化誘導条件を最適化し、高機能な肝幹前駆細胞の作製法の開発を試みました。これまでの分化誘導法ではFGFを使用することが一般的でしたが、FGFを添加しないことにより肝幹前駆細胞への分化が促進することを明らかにしました。また、高機能な肝幹前駆細胞から得られる肝細胞は、機能が高いことを発表しました。本研究は、ヒトiPS細胞由来肝細胞の創薬応用実現へ貢献する成果として高く評価され、今回の受賞に至りました。

    受賞された鳥羽由希子氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University