HOME > 研究トピックス > 【受賞】分子生物学分野博士前期課程2年 林在恩氏が第64回日本生化学会近畿支部例会にて優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました
2017.05.31
【受賞】分子生物学分野博士前期課程2年 林在恩氏が第64回日本生化学会近畿支部例会にて優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました

概要
第64回日本生化学会近畿支部例会(平成29年5月27日)
「ヒトiPS細胞の未分化性制御におけるマイクロRNA、miR-27bの機能評価」
優秀発表賞(口頭発表の部)
林 在恩(分子生物学分野 博士前期課程2年)

ヒトiPS細胞は自己複製能と多分化能を有しており、様々な細胞種への分化誘導が可能であることから、ヒト組織の発生メカニズム解明及び疾患研究への応用が期待されます。ヒトiPS細胞の未分化性と分化能に関わる細胞内メカニズムの解明のため、本研究では、体細胞に豊富に存在するmiRNAであるmiR-27bに注目しました。未分化状態のヒトiPS細胞でmiR-27bの過剰発現により、ヒトiPS細胞の未分化関連遺伝子及び中内胚葉分化関連遺伝子が抑制されました。この結果から、miR-27bがヒトiPS細胞の未分化性を阻害することを明らかとし、この度の受賞に至りました。

    受賞された林 在恩氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University