HOME > 研究トピックス > 【受賞】分子生物学分野博士後期課程1年 飯塚俊輔氏が日本薬学会第137年会にて学生優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました
2017.05.09
【受賞】分子生物学分野博士後期課程1年 飯塚俊輔氏が日本薬学会第137年会にて学生優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました

概要
日本薬学会第137年会(平成29年3月24日~27日)
「高効率かつ長期的な遺伝子発現が可能な新規Adベクターによる血友病B新生仔マウスに対する遺伝子治療効果の検討」
学生優秀発表賞(口頭発表の部)
飯塚 俊輔(分子生物学分野 博士後期課程1年)

発生後間もなく発症する先天性遺伝子疾患に対する治療法として、新生児への遺伝子治療に期待が集まっています。今回我々は、当研究室で独自に開発したウイルス遺伝子の発現を抑制することで、より安全性を向上させた新規アデノウイルスベクターを用いて、血友病Bモデル新生仔マウスへの遺伝子治療を試みました。その結果、本Adベクターが血友病Bモデルマウスに対して、新生児期から高い遺伝子治療効果を示し、さらには新生児期から遺伝子治療を行うことで、血友病Bに対する治療タンパク質である血液凝固第9因子に対して免疫寛容を誘導可能であることを明らかとし、このたびの受賞に至りました。

     受賞された飯塚氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University