HOME > 研究トピックス > 【受賞】分子生物学分野学部4年 山下智起氏が日本薬学会第137年会にて学生優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました
2017.05.09
【受賞】分子生物学分野学部4年 山下智起氏が日本薬学会第137年会にて学生優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました

概要
日本薬学会第137年会(平成29年3月24日~27日)
「回転式細胞培養機材を用いたヒトiPS細胞由来肝細胞の成熟化に向けた基礎的検討」
学生優秀発表賞 (口頭発表の部)
山下 智起(分子生物学分野 学部4年)

創薬研究や再生医療におけるヒト初代培養肝細胞の代替として、近年ヒトiPS細胞由来肝細胞が注目を集めています。また、このヒトiPS細胞由来肝細胞の機能を向上させることは各応用において必須の課題であります。今回我々は、回転式浮遊培養機材を用いてこのヒトiPS細胞由来肝細胞を作製し、ヒトiPS細胞由来肝細胞の機能的な成熟化を試みました。その結果、従来の作製法によって得られた細胞と比べ、肝マーカー遺伝子発現やアルブミン産生能が高いことが分かり、この機材の有用性を示唆する結果となりました。今後のヒトiPS細胞由来肝細胞作製法に新たな知見を加えたことで、このたびの受賞に至りました。

    受賞された山下氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University