HOME > 研究トピックス > 【受賞】分子合成化学分野 有澤光弘准教授が平成29年度日本薬学会・学術振興賞を受賞されました
2017.03.24
【受賞】分子合成化学分野 有澤光弘准教授が平成29年度日本薬学会・学術振興賞を受賞されました

概要
平成29年度 日本薬学会・学術振興賞(平成29年3月24日)
「創薬研究を指向した高活性金属ナノ粒子触媒の開発」
有澤光弘(分子合成化学分野 准教授)

金属ナノ粒子が自己組織的多層状に集積する独自の方法(その場ナノ粒子・ナノ空間調整法;in situ PSSO 法 in situ metal nanoparticle and nanospace stimultaneous organization method)を発見し、創薬研究を指向した金属ナノ粒子触媒(世界5カ国で特許取得済)の開発に成功した。この触媒の1つSAPdは現在頒布されており、広く利用されている。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University