HOME > 研究トピックス > 【受賞】分子合成化学分野博士前期課程2年 秋山敏毅氏が第46回複素環化学討論会Chemistry Letters 賞を受賞しました
2016.10.04
【受賞】分子合成化学分野博士前期課程2年 秋山敏毅氏が第46回複素環化学討論会Chemistry Letters 賞を受賞しました

概要
第46回複素環化学討論会
ルテニウムナノ粒子触媒を用いたリガンドフリー鈴木−宮浦反応の開発
Chemistry Letters 賞
秋山敏毅(分子合成化学分野 博士前期課程2年)

ルテニウム触媒はパラジウム触媒より安価であるためその代替となる可能性を持つ。本研究では独自のナノ粒子触媒製造法を基に、リガンドフリー鈴木—宮浦反応及び繰り返し利用が可能で、医薬品の合成に供することの出来る新しいRuナノ粒子触媒SARu(Sulfur-modified Au-supported Ru)の開発に成功した。

  受賞されました秋山敏毅氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University