HOME > 研究トピックス > 【受賞】薬剤学分野博士前期課程2年 伊藤沙耶美氏が日本薬剤学会第31年会において日本薬剤学会永井財団大学院学生スカラシップ, 最優秀発表者賞を受賞
2016.06.15
【受賞】薬剤学分野博士前期課程2年 伊藤沙耶美氏が日本薬剤学会第31年会において日本薬剤学会永井財団大学院学生スカラシップ, 最優秀発表者賞を受賞

概要
日本薬剤学会第31年会 (平成28年5月19日~21日)
「K3 (CpG-ODN) の経皮免疫製剤用アジュバントとしての特性解析」
日本薬剤学会永井財団大学院学生スカラシップ, 最優秀発表者賞
伊藤 沙耶美(薬剤学分野博士前期課程2年)

我々は、皮膚に貼るだけで簡便・安全にワクチン接種が行える「経皮ワクチン製剤」の開発を推進しています。今回は、これらのデバイスに適用可能なアジュバント候補物質のスクリーニング研究を実施し、Toll-like receptor 9を標的とするK3が経皮ワクチン用アジュバントとして有望であることを見出しました。今後はK3を併用した際の免疫応答増強機構の解明や、K3と抗原を装填した未来型経皮ワクチン製剤の実用化研究を進めていく予定です。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University