HOME > 研究トピックス > 【受賞】分子生物学分野 特任研究員・町谷 充洋氏が平成27年度 日本薬学会近畿支部奨励賞を受賞
2016.01.08
【受賞】分子生物学分野 特任研究員・町谷 充洋氏が平成27年度 日本薬学会近畿支部奨励賞を受賞

概要
平成27年度 日本薬学会近畿支部奨励賞
「アデノウイルス由来小分子RNAの機能特性に立脚した遺伝子治療用組換えウイルスの開発」
町谷 充洋(分子生物学分野 特任研究員)

アデノウイルス(Ad)がコードする小分子RNAは、ウイルス増殖を促進することが知られています。今回我々は、Ad感染細胞でこの小分子RNAが切断されることで、その増殖促進活性を失うことを見出しました。また、これらの知見をもとに、腫瘍細胞特異的に増殖し死滅させる腫瘍溶解性Adの改良、すなわち、新規腫瘍溶解性Adの開発に成功し、その新規性が高く評価され今回の受賞に至りました。今後もその機能解析を行うことで、ウイルス及び宿主の生命現象の発見・解明、ひいては遺伝子治療用組換えウイルスの改良を目指します。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University