HOME > 研究トピックス > 【受賞】天然物化学分野 古徳直之助教が平成27年度日本生薬学会学術奨励賞を受賞
2015.09.15
【受賞】天然物化学分野 古徳直之助教が平成27年度日本生薬学会学術奨励賞を受賞

概要 平成27年度日本生薬学会学術奨励賞
「実用的な医薬リード化合物の創製を指向した海洋天然物の合成化学研究」
 受賞者:古徳直之 助教(天然物化学分野)

多様な化学構造を有する生物活性天然物は、その特異な化学構造と顕著な生物活性から新規医薬シーズの探索源として近年再び脚光を浴びつつありますが、その多くが微量成分であるため、医薬品への展開を指向した場合、化学合成による供給が必要不可欠です。古徳助教は、研究室で独自に見出した活性海洋天然物を実用的な医薬リード化合物へと発展させることを目指した、有機合成化学を基盤とした研究を展開しており、これまでの研究業績が評価され、今回の受賞に至りました。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University