HOME > 研究トピックス > 【受賞】衛生・微生物学分野の山口 進康准教授が 遠山椿吉記念第4回 食と環境の科学賞・奨励賞を受賞
2014.10.17
【受賞】衛生・微生物学分野の山口 進康准教授が 遠山椿吉記念第4回 食と環境の科学賞・奨励賞を受賞

・概要
遠山椿吉記念 第4回 食と環境の科学賞 奨励賞(平成26年10月3日)
「real-time on-siteモニタリングによる生活環境における衛生微生物学的安全の確保」
山口 進康(衛生・微生物学分野 准教授)

本賞は、医学博士遠山椿吉の公衆衛生向上と予防医療の分野における業績を記念し、日本の公衆衛生において、先駆的かつグローバルな視点で優れた業績をあげた個人または研究グループに対し、授与されるものです。
現状の微生物検査の多くは培養を基本としていますが、結果を得るまでに数日を要するために迅速な対応が難しいという課題があります。本研究で開発した蛍光活性染色法は、微生物を培養することなく蛍光シグナルをもとに検出する技術であり、数分から数十分間で結果が得ることが可能です。本方法は、水環境や飲料水、さらには医薬品製造用水の微生物管理への応用が可能です。宇宙航空研究開発機構(JAXA)との共同研究においては、宇宙ステーション内の微生物モニタリングへの検討も進められており、食品の微生物学的安全性評価のための展開も期待されています。
これらの研究成果が生活環境における衛生微生物学的安全の確保に大きく貢献するものとして評価され、今回の受賞に至りました。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University