HOME > 研究トピックス > 【受賞】毒性学分野の博士後期課程1年青山 道彦氏が第30回日本DDS学会学術集会にて若手優秀発表者賞を受賞
2014.08.21
【受賞】毒性学分野の博士後期課程1年青山 道彦氏が第30回日本DDS学会学術集会にて若手優秀発表者賞を受賞

・概要
 第30回日本DDS学会学術集会(平成26年7月30日~31日)
 「ナノマテリアルの細胞内挙動の理解に向けた基礎的解析」
 若手優秀発表者賞
 青山 道彦(毒性学分野・博士後期課程1年)

 我々の研究室では、安全性を追求したうえで、ナノマテリアルを用いた薬物送達担体の開発など、ナノマテリアルの有効かつ安全な利用に向けた取り組みを推進しています。今回我々は、既に医薬品添加剤などに利用されている70 nmのナノシリカの、細胞内における挙動の観察と定量的な解析を試みました。その結果、従来のサブミクロンサイズのシリカ粒子と比べ、ナノシリカの細胞内における運動性は高く、粒径などの物性を制御することで従来よりも効率的な薬物送達担体を作成し得ることを見出し、今回の受賞に至りました。

受賞した青山道彦氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University