HOME > 研究トピックス > 【受賞】分子生物学分野の博士後期課程3年町谷 充洋氏がASGCT 17th Annual MeetingにてOutstanding Poster Presentation Awardを受賞
2014.06.16
【受賞】分子生物学分野の博士後期課程3年町谷 充洋氏がASGCT 17th Annual MeetingにてOutstanding Poster Presentation Awardを受賞

・概要
 ASGCT 17th Annual Meeting (平成26年5月21日-24日)
 「Evaluation of involvement of microRNA processing factors in adenovirus replication」
 Outstanding Poster Presentation Award
 町谷 充洋(分子生物学分野の博士後期課程3年)


 マイクロRNA (miRNA)のプロセシングに関わる因子の発現レベルが種々のウイルスの増殖に影響を与えることが報告されていますが、アデノウイルス(Ad)の増殖への影響に関してはこれまでに報告されておりません。今回、我々はこれらの因子のひとつがAdの増殖を抑制しており、これらの因子のノックダウンがAdの増殖を顕著に促進することを見出しました。これまでに今回着目した因子がAdの増殖を制御しているという報告はなされておらず、その新規性が高く評価され今回の受賞に至りました。今後は、これらの因子がどのようなメカニズムでAdの増殖に関わっているのかを調べていく予定です。

受賞した町谷充洋氏(中央)と指導教員の水口裕之教授(左)と櫻井文教准教授(右)
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University