HOME > 研究トピックス > 【受賞】細胞生物学分野の博士後期課程2年 山崎 聖司氏が第4回日本学術振興会 育志賞を受賞
2014.03.26
【受賞】細胞生物学分野の博士後期課程2年 山崎 聖司氏が第4回日本学術振興会 育志賞を受賞

・概要
 日本学術振興会 平成26年1月31日(金) 
 育志賞
 山崎 聖司(細胞生物学分野 博士後期課程2年)


平成26年1月31日(金)、独立行政法人日本学術振興会から、第4回「日本学術振興会 育志賞」の発表があり、細胞生物学分野の山崎聖司氏への授与が決定しました。受賞課題は、「細菌薬剤排出ポンプの構造と機能の解明および耐性菌感染症治療薬への応用」で、有効な治療法が全く存在しない多剤耐性菌感染症に対する、世界初の治療薬開発に大きく貢献するものとして高く評価されました。

日本学術振興会 育志賞は、天皇陛下の御即位20年に当たり、勉学や研究に励んでいる若手研究者を奨励するための事業の資として、陛下から御下賜金を賜り創設された賞です。同賞は、将来我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される、優秀な若手研究者を顕彰することを目的としています。

なお、授賞式は平成26年2月24日(月)に、秋篠宮殿下・同妃殿下ご臨席のもと、日本学士院(東京都)において行われました。式後の記念茶会では、両殿下が受賞者と、研究成果や今後の展望についてご歓談されました。
http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/ceremony_4_h25.html

受賞した博士後期課程2年 山崎聖司氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University