HOME > 研究トピックス > 【受賞】 堤教授が、第10回日本学術振興会賞を受賞
2013.12.19
【受賞】 堤教授が、第10回日本学術振興会賞を受賞

 平成25年12月13日(金)に、独立行政法人日本学術振興会より、第10回日本学術振興会賞の受賞者の発表があり、当研究科の堤 康央教授への授与が決定しました。
受賞内容は、「蛋白質医療のためのバイオ・ナノ技術と高分子化学を融合した薬物輸送の最適化システムの開発」となります。
 詳細はこちら(http://www.jsps.go.jp/jsps-prize/ichiran_10th.html)

 日本学術振興会賞は、優れた研究を進めている若手研究者を見いだし、早い段階から顕彰してその研究意欲を高め、独創的、先駆的な研究を支援することにより、我が国の学術研究の水準を世界トップレベルにおいて発展させることを目的に創設されたもので、人文・社会科学及び自然科学のあらゆる分野にわたる研究者25名に授与されます。

なお、授賞式は平成26年2月10日(月)に、日本学士院(東京都)において行われます。

受賞した堤 康央教授
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University