HOME > 研究トピックス > 【受賞】 薬剤学分野の薬学科6年 大塚 梨沙氏がAsian Federation for Pharmaceutical Sciences (AFPS) 2013にてBest Poster Awardを受賞
2013.12.09
【受賞】 薬剤学分野の薬学科6年 大塚 梨沙氏がAsian Federation for Pharmaceutical Sciences (AFPS) 2013にてBest Poster Awardを受賞

・概要
【学会名】Asian Federation for Pharmaceutical Sciences (AFPS) 2013 (平成25年11月20日~22日)
【受賞演題】Development of a novel therapeutic approach using a retinoic acid-loaded microneedle patch for seborrheic keratosis treatment.
【賞名】Best Poster Award
【受賞者】大塚 梨沙(薬剤学分野薬学科6年)

 我々は、皮膚内溶解型マイクロニードルパッチ (MicroHyala; MH) を応用した経皮治療戦略の開発研究を推進しています。今回、脂漏性角化症・老人性色素斑に対する経皮治療用製剤として開発したオールトランスレチノイン酸装填MHの有用性を前臨床研究および臨床研究において実証し、その成果が評価されて本受賞に至りました。

受賞した薬剤学分野の薬学科6年 大塚 梨沙氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University