HOME > 研究トピックス > 【受賞】 毒性学分野の博士前期課程1年 森 宣瑛氏が日本薬学会第133年会にて優秀発表賞を受賞
2013.03.30
【受賞】 毒性学分野の博士前期課程1年 森 宣瑛氏が日本薬学会第133年会にて優秀発表賞を受賞

・概要
 第133年会薬学会(平成25年3月27日~30日)
 「腸内細菌叢に着目した食品中ナノマテリアルの安全性評価」
 優秀発表賞(口頭)
 森 宣瑛(毒性学分野の博士前期課程1年)

 我々の研究室では、ナノマテリアルの安全性確保が世界的に立ち遅れていることを踏まえ、食品に含まれるナノマテリアルの安全性を、腸内細菌に着目して解析しています。本発表では、食品に広く用いられている非晶質シリカをマウスに経口投与すると、粒子径が70 nm以下の非晶質ナノシリカ曝露群で腸内細菌叢が変動することを見出し、今回の受賞に至りました。

受賞した博士前期課程1年森 宣瑛氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University