HOME > 研究トピックス > 【受賞】 毒性学分野の博士前期課程1年市橋 宏一氏が日本薬学会第133年会にて優秀発表賞を受賞
2013.03.30
【受賞】 毒性学分野の博士前期課程1年市橋 宏一氏が日本薬学会第133年会にて優秀発表賞を受賞

・概要
 日本薬学会第133年会(平成25年3月27日~30日)
 「サブナノ素材のNano-Safety Design ~ナノ銀・サブナノ銀の体内吸収性と一般毒性の比較解析を通じての経皮安全性評価の重要性の提唱~」
 優秀発表賞(ポスター)
 市橋 宏一(毒性学分野の博士前期課程1年)

 我々の研究室では、有効かつ安全なナノマテリアルの創製を図るナノ安全科学研究を推進しています。今回我々は、10 nm以下のサブナノサイズでの経皮適用が進みつつある銀粒子を対象として、ナノマテリアル、およびサブナノマテリアルの経皮曝露時の体内局在、生体影響を比較解析しました。その結果、サブナノ銀がナノ銀とも銀イオンとも異なる挙動・生体影響を示すことを見出し、今回の受賞に至りました。

受賞した博士前期課程1年市橋 宏一氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University